毎月3日21時に更新しています! お楽しみ下さい。

未来の医療技術、IPS細胞による“再生医療”とは?

まず始めに

ここでは主に未来の医療技術について深掘りします。

あの検索エンジンの最大手グーグルまで、 最新技術を生かし、グーグル・コンタクトレンズプロジェクトという医療技術を進めています。

そうだね。
グーグルは生活のあらゆる場面に入り込もうとしているんだろうね。
グーグルによる最新の技術は日常生活を一変させる潜在的な可能性を秘めているからね。

はい、グーグルまで参入しているこれからの未来医療技術を具体的に説明します。

“機能しなくなった自分の臓器も携帯と同じように買い替え可能、という夢のような時代がくる”


こちらの記事では…

✔未来の医療技術について

✔不老不死について

✔医療の本質


上記の疑問を解決しています。

※この記事は2分45秒で読めます。

 

まずは病院に行くより大事な事

私は

・突発的な事故に巻き込まれた時

・緊急で手術が必要な時

それ以外基本病院には行きません。


普段の生活の中で病院に行き、

お金を払って診察してもらう事もしません


風邪を引いてしまった時や

インフルエンザになってしまった時も

1時間ごとに

500mgのビタミンCを飲み、良く寝ます。

これで治ります。


全ての体調不良は身体の排毒なので

病院に行くより、

自分の身体の声を良く聞き

食生活、生活習慣の見直しの方が

重要だと思っています


合わせて読みたい記事


現代医療の実態

排毒を抑制している現代医療は

私は正義とも正しいとも思っていません


何故なら

根本的な部分を“治療”してるのではなく、

上辺だけを“治療”し、それを“完治”と言い、

リブート 再起動 )”させているだけだからです。


だからまた“バグ(不具合)”が起こります


余っ程な特別な理由がない限り、

日常的に病院行き、

病院から処方されている薬を

当たり前のように飲んでいる方は

私は理解ができません


何度も言いますが、

現代医療は国家公認の病気産業です


では

5Gを活用するこれからの未来の医療も

果たしてそうなのでしょうか…?


私が病院の薬で
自殺まで追い込まれた日々

未来の医療技術

医療は技術革新が実は目覚ましい分野で、

2030年までにはこれまで治療が困難だった、

・亜急性硬化性全脳炎

・タンジール病

・マルファン症候群

・下垂体前葉機能低下症

・ヤング・シンプソン症候群など


指定難病に分類されている疾患を

治せる技術がいくつも登場すると

見込まれています。


2010年の国連サミットで

全会一致で採択された目標

すべての人に健康と福祉を。

医療分野の劇的な進展を前提に

推進されたことでしょう



ロボット手術

現在、実際に導入され始めているのは

皆様もご存知の通り“ロボット手術”です。



内視鏡手術で使われていて、

ドラマやテレビにも良く出ている

“ダ・ヴィンチ”が有名ですね


ダ・ヴィンチとは

3次元画像を見ながら

ロボットアームで手術を行いますが、


既に厚生労働省保険局医療課の

12種類の手術で

保険が適用されるようになっています。


つまり身近で誰でも

ダ・ヴィンチ手術”を受けれるような

体制になってきているという事です



ロボット工学と医療の融合

また、

2019年にニューラリンク 社が
( アメリカのニューロテクノロジー企業 )

発表した脳への電極埋め込みの技術は、

手術をロボットで行う事を発表しています


つまりロボティクス( ロボット工学)と

医療の融合によって、

人の手には不可能だった

高速、高精細な人機融合手法が

確立されていく可能性があります。



ナノマシン使う治療法

更にその先の研究では

血流に投じたナノマシンを使った治療も

想定されているらしいですが、

この技術の確立は早くても

2040年代以降になると言われています。



私達の身体は血管(ライフライン)で

全てが繋がっているので、

この血流に投じたナノマシンを使った治療法は

効果的かもしれません


合わせて読みたい記事


今後最も注目されている再生医療

今後、最も注目されているのが、

IPS細胞による“再生医療”です。


IPS細胞とは

人工的に作られた多能性の幹細胞の事です


自分のDNAを採取し、

そのDNA細胞の中に

“レトロウィルス”という遺伝子を結合させ、

それを培養する事でIPS細胞が作製されます。


このIPS細胞を様々な組織の細胞に分化させ

再生医療に利用しています


人間の身体の細胞の培養を

可能にするこの技術は、

様々な臓器での研究が進めれれています。


特に胃や腎臓や歯、

角膜や心筋などの再生医療の確立は、

今まで進化してきた医療の

新しい時代の幕開けとなる。

と言っても過言ではないでしょう。


胃ガンになってしまった方は

古い胃を取り除いて、

IPS細胞で新しく作った

自分の胃に買い替えれば良いでしょう。



腎臓が機能しなくなってしまった方は

古い腎臓を取り除いて、

IPS細胞で新しく作った

自分の腎臓に買い替えれば良いでしょう。



つまり

自分の臓器も携帯と同じで買い替え可能。


このような夢のような時代が来るという事です

実際に歯の再生医療は2020年代前半、

胃や腎臓の再生治療は2020年後半に

臨床応用に入る予定で、

2040年には民間の医療機関で

利用できるという見込みもあるそうです



その他の未来の医療

診断でのAIの活用も

今後より広がっていくと言われています


国立ガン研究センターのシステムでは

一部の大腸ガンであれば、

98%発見できるとしています。


遺伝子病とも言われている、

・遺伝子性腎ガン

・卵巣ガン症候群

・若年性アルツハイマー

・パーキンソン病

などの治療のための

ゲノム編集技術(新しい遺伝子改変技術)も

研究が進んでいます。


合わせて読みたい記事


SATI(サティ)という

ゲノム編集技術が開発され、

マウスでの臨床では肝臓や心臓などの

臓器で遺伝子を修復する事ができた発表もあり、

今後様々な遺伝子病の治療への可能性が

広がっていると言われています


医療分野の技術革新によって

現在の死亡要因の最上位であるガンは、

2050年代までに根絶されると考えている

専門科も居るそうです。


今まで分からなっかたガンの転移の理由も

少しずつ解明されているようなので、

転移を抑止する薬も不可能ではないかもしれません

究極の目標“不老不死”

2040年代には、

人間の平均寿命は

100歳に到達すると言われています。



更にその先にある人類の究極の目標、

不老不死


老化のメカニズムの100%の解明と抑止は

今世紀中の実現を目指す事になると言えるでしょう



最後に

…いかがでしたでしょうか?

これが今現状手に入った未来の医療技術の情報です


やはり“医療”とはそもそも

根本的な部分を“治療”してくれるのではなく

上辺だけを“治療”しそれを“完治”と言い

リブート(再起動)”させているだけだという事が

お分かり頂けたと思います


今後も“バグ部分”を“リブートさせる技術”が

ますます革新していくでしょう。


それで助かる人も大勢増えると思います。


しかしながら

何故“バグ”が起きたのか?


その根本的な部分を“改善”しなければ

また“バグ”が起きてしまうでしょう。


IPS細胞で作った新しい臓器に変えてもそう、

平均寿命が延びてもそう、

健康寿命を延ばさなければ何の意味もありません


環境や技術がいくら革新され進歩しても

‟本質”はいつの時代も変わらないという事です。



これが未来の医療技術の実態です。

今話題の5Gの電波は、がん細胞の成長の促進や胎児の異常発育、神経伝達物質の変化、ストレス反応などあらゆる害を起こす事が分かっています。テクノロジーがいくら進歩しても、その環境に身体が全く付いていけていないのが何よりも問題なんだ。


学べば学ぶほど、人体は神秘的だと気付きます。

更に‟第一級の健康と美”を求める読者さま限定


閲読して頂いた読者さまへ

この記事から

何か学びがあった

または応援したい

あるいは一緒に健康寿命を延ばしたい

と言う温かい気持ちを頂けたなら、

友達追加ボタンを押して

友達登録をして頂けたら

発信者としては光栄な限りです。


今後も、価値ある情報をお届けできるよう

精進しますので、

何卒、宜しくお願い致します。

常に最新の情報をブラッシュアップする。
>新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

現代世界は既に「病気産業」「老化産業」「情報産業」で飽和しています。その為、私達が年齢を重ねていく中、環境変化のスピードは圧倒的に早く、時代は確実に進歩し、より一層私達の身体や細胞レベルは酸化しやすくなっています。大衆心理に影響されるのではなく、これからは個人の知識や意識、情報の差で、内面や外見の美しさ、健康面が左右される時代となるのは、今から既に目に見えています。 マーケティング市場が飽和している中、まさに『メディアや市販で宣伝されているどの製品を使用すれば良いのか?』だけでは足りなく、『自分から情報を掴み、自分の知識で本質を見極め、身体のメカニズムを理解し、どの製品を使用すれば内面や外見の美しさ、健康面を効率良く確実に保てるのか?』という情報力・思考力・判断力の3つのリテラシーが重要な時代になってきます。 このプラットフォームを一つのソースとして、科学的根拠に基づいて私達の身体には物理的、理論的に何が「善」で、何が「悪」なのか?そのマインドを更に高めて、マインドセットとしてご活用下さい。百寿まで楽しく美しく健康なライフ生活を送るトータルコーディネートを一緒にしていきましょう。