毎月3日21時に更新しています! お楽しみ下さい。

水道水、井戸水、ペットボトルの水は結局何が一番安全か?

まず始めに

こちらから読むと理解しやすいです

ここでは主に水道水井戸水ペットボトルの水について深掘りします。

私達の普段の生活で飲んでる水はその3つのカテゴリーしかありませんので、その水がどのうように管理されているかが重要です。

そうだね。
水を安全に安心して使う為に、様々な法律が規制がされていて、それぞれ管理する項目やその検査頻度と基準値が定められているけど、実際は穴だらけなんだ。

はい、具体的に説明します。

“空気に触れず、自宅で湧水を作る高性能の浄水器を付けるのが、一番効率良く、一番安心で、既に現代社会には必要不可欠である”


こちらの記事では…

✔水道水の検査項目の仕組み

✔井戸水の検査項目の仕組み

✔ペットボトル水の検査項目の仕組み

✔ウォーターサーバーの実態

✔質の良い水の絶対条件


上記の疑問と悩みを解決しています。

※この記事は2分10秒で読めます。

 

水道水、井戸水、ペットボトルの水の水質検査の仕組み

現代の日本の井戸水は

科学物質を調べない事になっているので

そのまま飲むと

科学物質が入っているので大変危険です


更に問題なのはペットボトルの水です。

お金を払って買うペットボトルの水は科学物質を調べているのでしょうか?


実は

日本のペットボトルの水質検査の項目は

18項目しかありません。


水道水の安全基準の水質検査の項目は

51項目あります。


水道水に比べると、

ペットボトルの水は

33項目も調べてない項目があるという事です

発がん性物質がノーチェック

例えば、

テトラクロルエチレンは発ガン性物質ですが、

・水道水の安全基準の水質検査の項目
 →テトラクロルエチレンの検査項目 有〇

・ペットボトルの安全基準の水質検査の項目
 →テトラクロルエチレンの検査項目 無✖


発ガン性物質にも関わらずノーチェックです


ペットボトルの水を飲む場合、

もし水を汲む個所が汚染されていたら、

私達が飲むところまで

ノーチェックで流れてくる

リスクがある事を覚えといて下さい



市販のペットボトル水の実態

実際にペットボトルを調べている

横浜衛生研究所で、

市内にある30種類のペットボトルを

調べたところ、

19種類のペットボトルから

発ガン性物質アセトアルデヒドが見つかり、


何と水道水の安全基準の

80倍もの量が入っていました

何故、日本では水道水の安全基準の80倍もの発ガン性物質が入っている水が、スーパーやコンビニに普通に並んで売っているのか?


PFOAとPFOSと同じで、

日本は健康勧告値や基準値が決まってなく、

調べなくて良いからです。


入っていてもスルーしてしまうからです

PFOAとPFOSについて



ここで言いたいのは、

これはリスクの話なので

今すぐ私達が普段飲んでる水が

直ちに危険という事ではないのですが、

いつどんな時にこのような事が

起こるか分からない事を知っといて下さい


ただ毎日、

ペットボトルの水を飲むという事は

毎日リスクを

背負っているという事になりますので、

毎日ペットボトルの水を飲む事はオススメしません


お出かけ先など、

今日はたまたまなど、


そんな時は全然ありだと思います。

スーパーの無料の水の実態

スーパーで無料の水を汲んでいる方達は、

知っていてほしいのですが、

水には水を汲む時の絶対的な鉄則があり

それは空気に触れさせない事です。


何故かというと、

空気中には雑菌やカビが

沢山飛んでいるので、

空気と水が触れた瞬間に水は腐ります


スーパーの無料の水は直に空気に触れています 。


水を汲む時は

真空状態でボトリングして

ひっくり返しても

気泡がならない状態が原則で、

その水は腐らず、長持ちします。


増え続ける菌

富山大学の医学部がペットボトルの蓋を開いて、

空気と触れた瞬間から

どれだけ菌が湧いたか調べたところ、

もって10時間でした


10時間以降は

菌が倍々ゲームのように増殖していきます


ペットボトルの蓋を開いたら

10時間以内に飲む事を忘れないで下さい。


翌日飲む事はありえません。

ウォーターサーバーの実態

問題なのは

今流行っているウォーターサーバーです


あれはもろに外の空気が入ります。


空気と触れた瞬間から

10時間で菌がわ湧き、

10時間以降は菌が倍々ゲームのように

増殖し続けます

仮に5日経ったら水の中はどうなっているのでしょうか…?


それか水が腐らないように

防腐剤が入っているかのどちらかです。


それを考慮する為に、

最近は空気が入らない

ウォーターサーバーがありますが


最後の方には気泡が入っているので

あれもアウトです


質の良い水の絶対条件

一番覚えといて頂きたいのは

質の良い水は

保存が効かないという事です。


保存をしている時点で菌が湧くからです


今までの話を全て統計すると、

①日本は国民の健康を守る
 技術は世界最低レベル。

②水道水は
 51項目しか化学物質を検査してない。

③井戸水は
 化学物質を検査していない。

④ペットボトルの水は
 18項目しか化学物質を検査してない。

⑤質の良い水は保存が効かない。

になります。


この事から一番安心な方法は、

毎朝早く起きて、登山でもして、

森山の中心部に行き、

湧き水を飲むのが一番良いですが、

実際はそんな事は不可能なので

空気に触れず、自宅で湧水を作る

高性能の浄水器を付けるのが

一番効率が良く一番安心で


既に現代社会には必要不可欠な事が

お分かり頂けると思います

次に読みたい記事


これが水道水井戸水ペットボトルの水の実態です。

水の1日の必要摂取量の目安は生活活動レベルで異なりますが、低い人で1日2.3ℓ~2.5ℓ程度、高い人で1日3.3ℓ~3.5ℓ程度と言われているので安全な水を飲みましょう。


学べば学ぶほど、人体は神秘的だと気付きます。

更に‟第一級の健康と美”を求める読者さま限定


閲読して頂いた読者さまへ

この記事から

何か学びがあった

または応援したい

あるいは一緒に健康寿命を延ばしたい

と言う温かい気持ちを頂けたなら、

友達追加ボタンを押して

友達登録をして頂けたら

発信者としては光栄な限りです。


今後も、価値ある情報をお届けできるよう

精進しますので、

何卒、宜しくお願い致します。

常に最新の情報をブラッシュアップする。
>新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

現代世界は既に「病気産業」「老化産業」「情報産業」で飽和しています。その為、私達が年齢を重ねていく中、環境変化のスピードは圧倒的に早く、時代は確実に進歩し、より一層私達の身体や細胞レベルは酸化しやすくなっています。大衆心理に影響されるのではなく、これからは個人の知識や意識、情報の差で、内面や外見の美しさ、健康面が左右される時代となるのは、今から既に目に見えています。 マーケティング市場が飽和している中、まさに『メディアや市販で宣伝されているどの製品を使用すれば良いのか?』だけでは足りなく、『自分から情報を掴み、自分の知識で本質を見極め、身体のメカニズムを理解し、どの製品を使用すれば内面や外見の美しさ、健康面を効率良く確実に保てるのか?』という情報力・思考力・判断力の3つのリテラシーが重要な時代になってきます。 このプラットフォームを一つのソースとして、科学的根拠に基づいて私達の身体には物理的、理論的に何が「善」で、何が「悪」なのか?そのマインドを更に高めて、マインドセットとしてご活用下さい。百寿まで楽しく美しく健康なライフ生活を送るトータルコーディネートを一緒にしていきましょう。