毎月3日21時に更新しています! お楽しみ下さい。

意外に知らない血糖値の恐ろしさと安定化させる簡単な方法

まず始めに

ここでは主に血糖値について深掘りします。

健康な人では血糖値が上昇すると、すい臓から適切な時間に適切な量のインスリンが分泌され、その働きによって血糖値は低下し、食後約2時間後には空腹時の値に戻ると言われています。

そうだね。
糖尿病や糖尿病予備群の人は、インスリンの分泌量が少なかったり、速度が遅かったりと、血糖値を下げる働きが十分でない為、食後2時間経っても血糖値が低下せず、高血糖の状態が続くと言われているけど、実はそんな簡単な話じゃないんだ。

はい、具体的に説明していきます。

“健康寿命を延ばし、年齢を重ねても綺麗で居たい方はGI値が低い食べ物を摂取して、ココナッツオイルを摂る事が必要不可欠である”


こちらの記事では…

✔インスリンの放出量の仕組み

✔血糖値が上がる理由

✔乱降下が起こる理由

✔血糖値を安定化させる方法

✔ココナッツオイルの摂取方法


上記の疑問と悩みを解決しています。

※この記事は3分20秒で読めます。

マインドセット

まずは基本的に

日常からGI値が低い食べ物を

摂取するようにマインドセットをして下さい。


GI 値(グリセミック・インデックス)とは?

血糖値の上昇度を数字化したものです


ある一定のブドウ糖や小麦粉を摂った時に、

血糖値が一番上がった値を100として

同量の炭水化物を摂った時に、

血糖値がどれぐらい上がるのか表した表です。


GI 値表はこちらから

インスリンの放出量の仕組み

まず、炭水化物を摂った時に

体内でインスリンが準備され

インスリンをどれがらいの量放出するか

脳が決めています。


昔の食べ物は

血糖値が上がる食べ物が少なかったので、

血糖値が上がる分と

インスリンの放出量がほぼ一定でした


合わせて読みたい記事



現代の食べ物は粒子が小さかったり、

血糖値が高い食べ物が多いので、

急激に血糖値が上がります


脳は血糖値がどれだけ上昇するかを予想して、

インスリンを準備し、放出させます。


ですが、

量をそんなに摂ってないので、

インスリンが分泌されるほど、

実は私達は血糖を摂っていないんです


量が少ないので、

早めに消化されてしまい、

過剰のインスリンが

血管の中に残り、増えてしまいます


このように、

私達の身体は血糖値の上昇行内で

インスリンを出すセッティングになっています。


現代は血糖値が上がりやすい理由

糖と言うのは諸刃の剣で、

私達の身体には実はあまり必要ありません


身体にとっては毒なので、

早めに消化する為に

インスリンが早めに準備され、放出されます。


昔の食べ物は粒子が大きかったり、

すぐに消化される食べ物がありませんでした


現代の食べ物は砂糖や小麦粉など、

精製されて、

粒子が小さくなったり、

血糖値の立ち上がりが高い食べ物が

非常に多いです。


高GI食品や粒子が小さい食べ物は、

血管内にインスリンを過剰に増やしてしまうので、

必要以上な血糖(グルコース)+余計な成分を

体内に取り込んでしまいます



それによって、

血液の中の血糖(グルコース)が減り

乱高下が起こります



更に血液が濃くなり、

最も大事な血流が悪くなります

合わせて読みたい記事

乱高下が起こす病気

・脱水状態

・糖尿病

・心筋梗塞

・肝硬変

上記の病気にかかりやすくなります。


健康な人でも食後1時間後の血糖値上昇は

通常少なくとも40mgは上がると

言われていますが、

実は1時間に血糖値が40mg上がってしまうと、

乱高下が起こり、

パニック症状を起こしやすくします


また、

眠気や疲労感の元ともなり、

生体機能が働き血糖値を調整しますので、

エネルギーロスにもなってしまいます。


血糖値を安定化させる簡単な方法

このインスリン生産機能に

マッチした食べ物を摂取すれば大丈夫です。


低GI値の(GI値が10mg ~ 60mg)の

食べ物を日常的に摂取するようにして下さい


・糖尿病の方

・精神疾患の方

・自律神経失調症の方

繊維が多い物(焼き芋屋やバナナ)を

1時間ごとに食べると

インスリン生産機能に

マッチしますので良いでしょう。

一番効果的なのはココナッツオイルです。

合わせて読みたい記事


ココナッツオイルを摂取すると、

エネルギーにもすぐ変換されるので

基礎体温が0.6°ほど上昇します。


毒処理は代謝です

代謝は基礎体温を作っています



体温による身体への影響

36.5℃~37.0℃
→一番肝臓が機能し、代謝が好調になり、
 一番リンパが動きます。


35.5℃
→排泄機能の低下、免疫不全、自律神経失調症、
 アレルギー症状、感染症が起こりやすくなる。

35℃
→最もがん細胞が増殖しやすい体内環境になる。

34℃
→免疫力がほぼ0になり、死に近づく。

33℃
→冬山で遭難した時の凍死寸前です。
 ほぼ死にます。


基礎体温は

36.5度~37.0度をキープするのがベストです。


合わせて読みたい記事


ケトン体エンジンに切り替える

更にココナッツオイルは

ケトン体にも変換されますので、

一番大事な腸を治し始めます


だからこそ

ココナッツオイルを摂取すると、

急激に体調の変化が起きます。


ケトジェニックな生活は

食事前後での血糖値変動が少なく

インスリンに負担をかけない食生活です


合わせて読みたい記事


ココナッツオイルの摂取方法

ココナッツオイルを

200ccなど一回で多く摂ってしまうと、

劇的に体調変化が起きてしまうので

気を付けて下さい


一般の方は

一日大さじ1杯ぐらいから


摂り始めるのが良いです。


それからは

自分の体調を見ながら


直感で調整するのがベストです。


アルツハイマーの方は

一日大さじ3杯摂るのがベストと言われています

アルツハイマーを未然に防ぐ方法


高血糖を健康寿命を短くする

このように

日常的にGI値が高い食べ物を摂取していると

精神疾患にも繋がり、

最も大事な血流も悪くなってしまうので、

健康寿命を延ばし、

年齢を重ねても綺麗でいたい方は

日頃から

GI値が低い食べ物を摂取して

ココナッツオイルを摂るのが効果的でしょう



これが血糖値の実態です。

日本人のすい臓は欧米人と比較して弱いので、少しのインスリン抵抗性でもそれに見合うだけのインスリンの分泌ができずに、糖尿病になりやすい民族だと言われていますので、気を付けて下さい。


学べば学ぶほど、人体は神秘的だと気付きます。

更に‟第一級の健康と美”を求める読者さま限定


閲読して頂いた読者さまへ

この記事から

何か学びがあった

または応援したい

あるいは一緒に健康寿命を延ばしたい

と言う温かい気持ちを頂けたなら、

友達追加ボタンを押して

友達登録をして頂けたら

発信者としては光栄な限りです。


今後も、価値ある情報をお届けできるよう

精進しますので、

何卒、宜しくお願い致します。

常に最新の情報をブラッシュアップする。

【4】摂取する(栄養・栄養素)ニュートリションコントロール編の最新記事8件

>新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

現代世界は既に「病気産業」「老化産業」「情報産業」で飽和しています。その為、私達が年齢を重ねていく中、環境変化のスピードは圧倒的に早く、時代は確実に進歩し、より一層私達の身体や細胞レベルは酸化しやすくなっています。大衆心理に影響されるのではなく、これからは個人の知識や意識、情報の差で、内面や外見の美しさ、健康面が左右される時代となるのは、今から既に目に見えています。 マーケティング市場が飽和している中、まさに『メディアや市販で宣伝されているどの製品を使用すれば良いのか?』だけでは足りなく、『自分から情報を掴み、自分の知識で本質を見極め、身体のメカニズムを理解し、どの製品を使用すれば内面や外見の美しさ、健康面を効率良く確実に保てるのか?』という情報力・思考力・判断力の3つのリテラシーが重要な時代になってきます。 このプラットフォームを一つのソースとして、科学的根拠に基づいて私達の身体には物理的、理論的に何が「善」で、何が「悪」なのか?そのマインドを更に高めて、マインドセットとしてご活用下さい。百寿まで楽しく美しく健康なライフ生活を送るトータルコーディネートを一緒にしていきましょう。