健全な身体に、健全な魂は宿り、健全な思考を生む。  お楽しみ下さい。

第二のプラットフォーム

「愛情×健康×お金」全てが揃って“真諦の幸せ”です。
お金のプラットフォームはこちらから


まず始めに

ここでは主に消化酵素の効果的な飲み方について深掘りします。

消化酵素は飲むタイミングによって身体への効果力が変わってしまいます。

そうだね。
せっかく健康維持や増進の為に飲むんだから一番効率良く、身体に一番効果的の飲み方をしないと勿体ない。

はい、具体的に説明します。

“消化酵素は飲食後ではなく、飲食前に飲んだ方が分泌され効果的なので、必ず飲食前に飲む事”

こちらの記事では…

✔消化酵素の種類

✔消化酵素の効果的な飲み方


上記の疑問と悩みを解決しています。

※この記事は35秒で読めます。

 

今回のピックアップ商品

消化酵素とは?

胃や膵臓、小腸など消化器官から

分泌される酵素で、

食べた物を

血中に取り込める大きさにまで

分解するために働きます。


分解される栄養素によって大きく分けると…

・タンパク質をアミノ酸に分解する
 → プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)

・炭水化物をブドウ糖に分解する
 → アミラーゼ(炭水化物分解酵素)

・脂肪を脂肪酸に分解する
 → リパーゼ(脂肪分解酵素)

などがあり、

それぞれ分泌臓器や分解する栄養素によって

さらに細分化されています。

アレルギーの方はまずは消化酵素

消化器系が弱い人は

この消化酵素の分泌が少なく

消化が十分にされず、

体内に異物が侵入してしまうので、

アレルギー反応を
(特に花粉症や鼻炎や喘息など)

非常に起こしやすいです


アレルギーを持っている方は

まずは消化酵素を飲んで、消化を良くして下さい。


徐々に症状が軽減されていきます

合わせて読みたい記事内


消化酵素の効果的な飲み方

飲み方は

飲食後ではなく、飲食前に飲んだ方が

分泌されやすいのでより効果的です

消化酵素も種類が色々ありますので、

その中でもコスパが良く、

非常にリーズナブルな

質が良いオーガニックの消化酵素は

こちらになります。


今回のピックアップ商品

こちらのiHerb(アイハーブ)でも入手可能です。

※アメリカで人気の通販サイトで、
 日本未発売の美容品や食品が購入でき、
 日本語にも対応してますので、
 非常に人気があるオンラインショップです。


何か分からない事がありましたら

LINEやお問合せフォームから

カジュアルにご連絡下さい



合わせて読みたい記事

これが消化酵素の効果的な飲み方です。

食事をする前に消化酵素を飲む事によって、栄養素の体内吸収率も向上させる事も出来ます。


学べば学ぶほど、人体は神秘的だと気付きます。

更に‟第一級の健康と美”を求める読者さま限定


閲読して頂いた読者さまへ

この記事から

何か学びがあった

または応援したい

あるいは一緒に健康寿命を延ばしたい

と言う温かい気持ちを頂けたなら、

友達追加ボタンを押して

友達登録をして頂けたら

発信者としては光栄な限りです。


今後も、価値ある情報をお届けできるよう

精進しますので、

何卒、宜しくお願い致します。

常に最新の情報をブラッシュアップする。
>新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

現代世界は既に「病気産業」「老化産業」「情報産業」で飽和しています。その為、私達が年齢を重ねていく中、環境変化のスピードは圧倒的に早く、時代は確実に進歩し、より一層私達の身体や細胞レベルは酸化しやすくなっています。大衆心理に影響されるのではなく、これからは個人の知識や意識、情報の差で、内面や外見の美しさ、健康面が左右される時代となるのは、今から既に目に見えています。 マーケティング市場が飽和している中、まさに『メディアや市販で宣伝されているどの製品を使用すれば良いのか?』だけでは足りなく、『自分から情報を掴み、自分の知識で本質を見極め、身体のメカニズムを理解し、どの製品を使用すれば内面や外見の美しさ、健康面を効率良く確実に保てるのか?』という情報力・思考力・判断力の3つのリテラシーが重要な時代になってきます。 このプラットフォームを一つのソースとして、科学的根拠に基づいて私達の身体には物理的、理論的に何が「善」で、何が「悪」なのか?そのマインドを更に高めて、マインドセットとしてご活用下さい。百寿まで楽しく美しく健康なライフ生活を送るトータルコーディネートを一緒にしていきましょう。