健全な身体に、健全な魂は宿る。   お楽しみ下さい。

腸が“第二の脳”と呼ばれる本当の理由とは?超賢い小腸・大腸のネットワークの仕組み

第二のプラットフォーム

「健康×資産×時間」全てが揃って“真諦の幸せ”です。
富が増える資産型プラットフォームへ


まず始めに

ここでは主に腸について深掘りします。

今は日ごろお腹を壊した時くらいしか意識する事のない「腸」が全世界の一流の研究者達から大注目されています。

そうだね。
食べた物を消化吸収する腸には全身をさまざまな病気から守る免疫力をコントロールし、「全身の免疫を司る」という秘められた重要な役割があるからね

はい、そんな超賢い腸のネットワークを具体的に説明します。

腸は多くの臓器や細胞とコミュニケーションを取り、毎日体内環境のバランスや体内環境を整えるスイッチングハブである

こちらの記事では…

✔腸の構図

✔三大栄養素の分解の仕組み

✔大注目されているネットワークシステム

✔第二の脳と呼ばれる本当の理由


上記の疑問と悩みを解決しています。

※この記事は3分15秒で読めます。

意外に知らない腸の構図

かなりマニアックな内容になりますので、ご了承ください

腸の基本的な構造は大きく分けると、小腸と大腸の2つに分けられます。

更に細分化すると…

・小腸 → 十二指腸、空調、回腸
・大腸 → 盲腸、結腸、直腸

に分けられます。

胃の出口(幽門)から十二指腸が始まり、小腸全体の5分の2が空腸、残りの5分の3が回腸と呼ばれています。

空腸と回腸の明確な違いはありませんが、空腸はやや太く、回腸の方が細くなっています

空腸と回腸の内部には、絨毛(じゅうもう)という突起がありその絨毛を拡大すると、更に細かい微絨毛という突起でびっしり覆われています

良く腸で栄養素を吸収すると言われていますが、この微絨毛から食事で得た栄養素を私達は体内に吸収しています。

小腸(回腸)の出口、バウヒン弁から大腸が始まり、盲腸 → 結腸 → 直腸の順に肛門まで繋がっています

日本人の平均的な腸の長さは、小腸が6 ~ 8m大腸が1.5m内部の総面積は絨毛の効果もあって、約32㎡もあります

これはテニスコート1面分に相当する広さです。

腸は、身長の5倍ほどの長さと、広大な表面積を活かし、栄養素を効率良く消化、吸収できるように構成されているのです

市販で販売されている健康食品は無意味

口腔内で咀嚼された食べ物は、唾液に含まれるアミラーゼで分解され、咽喉を通り、嚥下運動や蠕動運動で食道から胃に運ばれ、強い酸性の胃液でドロドロに溶かされかゆ状態になるまで消化されます

胃液には食べ物のと一緒に入ってきたウィルスや細菌の増殖を抑え、殺菌する効果があります。

良く市販で販売されている善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)が含有され、腸内環境をサポートする健康食品がありますが、北海道大学が調査した所この強い強酸の胃液でほとんどの善玉菌が腸に届かないで、胃で殺菌されてしまっている事が実証されていますので、無暗に市販で販売されている腸内環境をサポートする健康食品は購入しない方が良いです

合わせて読みたい記事

三大栄養素の分解の仕組み

主に消化液は十二指腸にある大小の十二指腸乳頭という便が開き、胆のうから胆汁、膵臓からはすい液が流れ込み胃から十二指腸に送られた、ドロドロの食べ物や胃酸と混ざり合います

胆汁はアルカリ性なので、胃酸を中和する事ができ、主に脂質を脂肪酸、グリセリンなどに分解します。

すい液は消化酵素が含まれていて、主に糖質をブドウ糖、たんぱく質をアミノ酸に分解します。

消化について
消化酵素について

硬い便と軟便が出る理由

私達の消化物と消化液の一日の量は大体9ℓと言われています。

小腸では7ℓ吸収され残りの2ℓは大腸で処理され腸内細菌が食物繊維などを発酵させながら水分を吸収して体外に便として排泄します。大腸では約80%の水分が吸収されますので、大腸での滞在時間が長くなると水分の吸収が進んで便が固くなり逆に短いと水分の吸収が足らなくなるので軟便になります

便秘について

脳腸相関というネットワークシステム

腸には約1億個の神経細胞が存在し、これを“腸管神経”と言います。

腸管の組織は多層構造になっていて、腸壁の粘膜下にマイスナー神経叢(しんけいそう)があり主に腸内のホルモン分泌などを支配しています

更にその外側にはアウエルバッハ神経叢があり、腸の蠕動運動をコントロールしています

合わせて読みたい記事
その中で今最も注目されているのが、脳腸相関という双方向のネットワークシステムです。

腸が“第二の脳”と呼ばれる本当の理由

一般的に言われているのは、腸のコントロールは全て脳が支配しているのではなく、腸が自ら判断を下す機能を持つ事から(身体に有害をもたらす食べ物などを摂取した時に、腸が一刻も早く体内から有害物を出そうと脳に指令を送り、 お腹が痛くなったり、緩くなってしまう症状などの生体機能)“第二の脳”と呼ばれています。

この脳腸相関という双方向のネットワークシステムは、脳と腸の情報交換は脳からの一方通行ではなく、腸からも脳にメッセ―ジを発信するというシステムです

腸内の状態によって、その情報が脳に伝えられるという事は、そこから身体のあらゆる場所に影響を及ぼすことになります。

つまり、腸と身体のネット―ワークは脳だけではなく、多くの臓器や細胞とコミュニケーションを取りそのほとんどが腸と連携しているのです

これが腸が“第二の脳”と呼ばれる本当の理由です。

腸と連携している主な臓器や細胞の働き

①胆のう

腸内に食べ物が送られると、胃酸を中和したり、消化を助けたりする胆汁を分泌します

悪玉菌が増えると、胆汁は有害な二次胆汁酸に変化してしまいます。

②膵臓

腸内に消化物が送られると、栄養素を分解する消化酵素を含んだすい液を分泌します

③腎臓

血液中の老廃物を尿として排泄し、体液のバランスなどを調整しています

腎臓を保護する腸内細菌が存在し、腸内環境が悪化すると、腎臓機能低下や病気を招きやすくなります。

④副腎

ストレス反応を緩和するホルモン、コルイゾールを主に分泌しています

腸内で炎症などが起こると大量に分泌されるが、副腎の機能低下を招いて、慢性疲労の原因などになります。

副腎について
副腎疲労について

⑤肝臓

胆汁を作り、小腸で吸収された栄養素を一時的に貯蔵しています

腸内で悪玉菌が増えると、毒素を取り込んでがんなどの病気の原因になります。

肝臓をマッサージできる方法

⑥脾臓(ひぞう)

体内の免疫システムを管理しています

腸管の免疫システムからも間接的に影響を受けています。

⑦胃

食べ物をかゆ状に溶かし、小腸に送ります

腸内の掃除MMC(伝播性消化管収縮運動)のON、OFFのスイッチとなります。
※ MMC とは、殺菌性のある消化液が悪玉菌を処理し、腸内環境を整える生体機能の事。

⑧心臓

自律神経によって、心拍数や血流がコントロールされています

交感神経や副交感神経の働きで腸内血流も変化します。

腸内細菌のバランスで影響を受けます。

⑨肺

呼吸によって自律神経に影響が出ます

理想の呼吸による横隔膜の動きによって、腸の蠕動運動をサポートしています。

自律神経について
理想の呼吸法について

⑩脳

脳腸相関のネットワークにより、お互に情報交換し合い、脳腸の状態がそれぞれに影響し合っています。

腸はスイッチングハブ

この事から腸は多くの臓器や細胞とコミュニケーションを取り毎日、体内環境のバランスを維持したり、体内環境を整えているのです。

腸は私達の身体のネットワークを繋げるスイッチングハブ”なんです

私達の身体は腸内環境を整える事が一番重要とも言えるでしょう。

腸内環境について

これが超賢い腸のネットワークの仕組みです。

田中将大投手はプロになって丸10年、風邪や食中毒などで試合を休んだ事は一度もないという「鉄壁の免疫力」の持ち主です。
実はそんな強じんな肉体を支えるのに、腸の働きが深く関わっている事が分かっています。


学べば学ぶほど、人体は神秘的だと気付きます。

更に‟第一級の健康と美”を求める読者さま限定


閲読して頂いた読者さまへ

この記事から

何か学びがあった

または応援したい

あるいは一緒に健康寿命を延ばしたい

と言う温かい気持ちを頂けたなら、

友達追加ボタンを押して

友達登録をして頂けたら

発信者としては光栄な限りです。


今後も、価値ある情報をお届けできるよう

精進しますので、

何卒、宜しくお願い致します。

常に最新の情報をブラッシュアップする。

【1】自分を愛する(精神・脳)マインドコントロール編の最新記事8件

>新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

現代世界は既に「病気産業」「老化産業」「情報産業」で飽和しています。その為、私達が年齢を重ねていく中、環境変化のスピードは圧倒的に早く、時代は確実に進歩し、より一層私達の身体や細胞レベルは酸化しやすくなっています。大衆心理に影響されるのではなく、これからは個人の知識や意識、情報の差で、内面や外見の美しさ、健康面が左右される時代となるのは、今から既に目に見えています。 マーケティング市場が飽和している中、まさに『メディアや市販で宣伝されているどの製品を使用すれば良いのか?』だけでは足りなく、『自分から情報を掴み、自分の知識で本質を見極め、身体のメカニズムを理解し、どの製品を使用すれば内面や外見の美しさ、健康面を効率良く確実に保てるのか?』という情報力・思考力・判断力の3つのリテラシーが重要な時代になってきます。 このプラットフォームを一つのソースとして、科学的根拠に基づいて私達の身体には物理的、理論的に何が「善」で、何が「悪」なのか?そのマインドを更に高めて、マインドセットとしてご活用下さい。百寿まで楽しく美しく健康なライフ生活を送るトータルコーディネートを一緒にしていきましょう。