毎週月曜日に更新しています! お楽しみ下さい。

あなたもどんどん爬虫類みたいな顔になってくる?“冷たい飲み物は飲むな!”と言われる本当の理由

冷飲料

冷飲料(40℃以下)は

ホメオスタシスが崩れます


ホメオスタシスとは?


私達は

40度ぐらいの体温がありますので、

そこに冷たい物を取り込むと、

同じ人間レベルにして消化するのには

その分熱量が余計に


必要になってしまいます。

皮膚と同じで腸の内比(柔毛)の

波動の活性度が下がり、

腸と腸の細胞の間が空きやすくなり

腸の透過性を壊します。


腸の透過性とは?


その結果、

未消化の食べ物が

体外から体内へ流れやすくなります。


大腸や小腸の腸の中に居ると

有用な細菌(ビフィズス菌、ゼンダマ菌)も

体内へ流れると

寄生微生物(エイリアン、バクテリア)と

なってしまいます。


食べ物は

口で咀嚼して、咽喉に流れ、

嚥下運動で食道を通り、

胃に入り、胃酸で細菌を殺し消化され、

そこから

十二指腸、小腸、大腸に流れていきます。

しかし

飲み物は直に腸に流れてしまいます。

40℃以下の冷飲料を飲むと大腸菌が

(母乳からなど)出てしまいます。

冷たい物を飲むと

もちろん体温も下がります


日常的に

クーラーや涼しい場所で、

冷たい飲み物を飲んでいる方は

常に体温が下がっているので、

徐々に徐々に

爬虫類的のような顔や行動になってきます。


あなたの身近で

あの人、顔が爬虫類みたい…」と

思った方はいませんか…?


ちなみに

爬虫類は兄弟の中から

後継者を決める為殺し合いをします。

現代は

常に涼しい場所で冷たい飲み物や

冷たい食べ物を摂取しすぎになっています。


だから今現代は

残酷な理不尽な事件ばかりが

起きていると私は思っています。


お口の中で温めて飲んだ方が良いです。


それぐらい大事な事です。


少しの未消化ぐらいなら

白血球が処理してくれますが、

ずっと冷飲料を飲み続けると

処理できず、

体に毒素や老廃物も

蓄積されてしまいます



五大処理器管の連携術


腸の中の柔毛組織のパイレル板は
(年齢と共に衰えますが)

接合種を作っています。

パイレル板が機能しなくなると、

接合種が作れなくなってしまいます。

接合種とは?

抹消神経は

皮膚の表面や各臓器の 

あらゆる所に有り、

両側にある

交感神経管の神経節に

全ての情報が集まってきます。


①接合種が脊髄に付きます。

②脊髄に情報がいきます。

③情報が上行して、脳まで届き、

その神経節の場所によって

脳が場所を認識します。

皮膚が冷えていると

パイレル板も機能しなくなり、

この情報が来なくなってしまいます。


私の周りにもたまに居ますが、

私、病気とかあまり掛からないし、
気になる所も無いから大丈夫だから」


と言う人。


非常に残念ですが、

この3次元で普通に生活していて、

健康面によっぽど気を使い、

食生活、生活習慣を徹底している人

じゃない限り、


恐らくそれは

身体が麻痺していて、

接合種が機能していなく

情報が脳まで届いていないだけです


つまり

一番危ない状態だという事です。



パイレル板を良く機能させ、

すぐに復活させるのは

グルタミンです。

※グルタミン酸ではないので
 注意して下さい。


私も良く飲みますが、

まず、腸(消化器系)に

何かあったら

グルタミンを飲んで下さい

スプーン一杯を43℃のぬるま湯に

溶かして飲んで下さい。

アミノ酸物質なので

他の物質と影響し合うので、

朝一か寝る前に

胃に食べ物があまりない時に飲んで下さい。


驚くほど効果がありました」

と何人もの方達から聞いていますので、

消化器系が弱い人は

是非、試してみて下さい。


グルタミンにも色々ありますので、

実際に使用して

効果があったグルタミンは

こちらになります。




腸の中の柔毛組織のパイレル板は

かなりの血流が必要です。

血流のめぐりが良いと

自律神経が安定します

何故なら血流を支配しているのは

自律神経だからです。

自律神経は交感神経と副交感神経の

二つで成り立っています。


自律神経の仕組みを
詳しく知りたい人は
こちらから


交感神経とは?

ここでは簡単に説明しますが、

バランスを崩して、

骨間筋に血流を流す事で

戦うか逃げるか状態になり、

生き延びようとしている状態です

力が入り、毛穴が縮まっている状態です。



副交感神経とは?

こちらも簡単に説明しますが、

バランスをとって、

全ての臓器に血流を流す事で、

損傷箇所は修復ましょう!

酷く損傷している箇所は身体知性が働いて、

血流を多くながして修復しましょう!と

体を効率良く修復している状態です。



副交感神経が

リッチの時に体は修復されていきます。


動物はS字で動く事によって

血流の循環を良くしています。



人間は二足歩行になってしまったので、

S字で動く事が無くなってしまったのです。

ストレートネックの人は
(首から背中まで一枚板)

循環が悪いので、

血流が悪くなっています。


接合種が上手く機能しなくなり、

動脈やリンパの情報が脳にきません


先程と同じで

自分の60兆個の細胞が

どうなっているか分からない状態です。

副交感神経が上手く機能しなくなり

どんどん悪くなり、

病気にもなりやすくなります




人間には60兆個の細胞が有り、

S字を作る事によって、

血流を良くして、

全ての情報が頭(脳)に

届くように作られています

つまり


S字に動く事が大事なのです。


モデル歩きはS字を描き、

血流の循環がとても良いので、

歩く時は、モデル歩きを意識して

歩くと良いでしょう。

常に最新の情報をブラッシュアップする。

【2】3次元で作られたハーム(害毒・害悪)コントロールの最新記事8件

>新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、高めよう。

新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、高めよう。

現代世界は既に「病気産業」「老化産業」「情報産業」で飽和しています。その為、私達が年齢を重ねていく中、環境変化のスピードは圧倒的に早く、時代は確実に進歩し、より一層私達の身体や細胞は酸化しやすくなっています。これから更に個人の知識や意識、情報の差で、内面や外見の美しさ、健康面が左右される時代となるのは、今から既に目に見えています。 マーケティング市場が飽和している中、まさに『メディアや市販で宣伝されているどの製品を使用すれば良いのか?』だけでは足りなく、『自分から情報を掴み、自分の知識で本質を見極め、身体のメカニズムを理解し、どの製品を使用すれば内面や外見の美しさ、健康面を効率良く確実に保てるのか?』という情報力・思考力・判断力の3つのリテラシーが重要な時代になってきます。 このプラットフォームを一つのソースとして、私達の身体には物理的、理論的に何が「善」で、何が「悪」なのか?そのマインドを更に高めて、マインドセットとしてご活用下さい。百寿まで楽しく美しく健康なライフ生活を送るトータルコーディネートを一緒にしていきましょう。