毎月3日更新しています! お楽しみ下さい。

異常事態!日本人は1日の食生活の8割は糖質を食べている。現代世界で病気と老化を防ぐ食生活の整え方

食生活の歴史

実は

私達の食生活の状態は

ある時点からおかしくなっています

人類が誕生したのは700万年前です。

699万年経って、

約1万年前から農業が始まったんです。


お米作って、小麦作って、

トウモロコシ作って、

じゃがいもなどを私達は作り始めました。


つまり

人類が誕生して699万年間は

糖質を摂っていなかったという事です


何を摂っていたかというと、

魚や肉や木の実を摂取していました。


木の実には多少糖質が入っていますが、

糖質を摂っていなかったので

699万年間は

ほとんど血糖値何か上がりませんでした。


糖質を摂ると血糖値が上がり、

主に膵臓からインスリンが大量に分泌され、

一気に血糖値が下がります。


次に血糖値を上げる為に

アドレナリンを分泌されるのですが、

実は血糖値を上げるホルモンは

全部で5種類あります。

血糖値を下げるのは1種類。

血糖値を上げるのは5種類



何故血糖値を上げる
ホルモンは5種類もあるのか?

その理由は、

699万年間は

糖質を摂っていなかったので、

ほとんど血糖値が

上がらない状態だったんです。


だから下げる必要もなく

1種類で良かったんです


それより

低い血糖値を上げる方が大事でした。


肉を食べるには獣と戦い、

捕らえるしかなかったので、

その時に骨格筋を働かせる為、

血糖値を上げる事が必要だったからです。


骨格筋活動とは?


しかし現代で

獣の戦っている

日本人が果たしているのでしょうか?

恐らく存在しません。


それなのに何故私達は

699万年前と同じホルモンバランスに

なっているのかというと、

食生活が切り替わってから、

遺伝子がそれに対応するのに

2万年掛かると言われています。


つまり私達はまだ

糖質を摂ってから

1万年しか経っていないので、

私達の遺伝子は

まだ糖質に対応してないという事です。


それなのに日本人は

一日の食生活の

8割が糖質に変わってしまったから

お腹が出て、

太ってしまい

病気になってしまっている方が

非常に多いんです。

尚且つ糖質を燃やす為の

ビタミンとミネラルの欠乏。


ちなみに

白米一杯で角砂糖17個分の糖質。

カレーライス一杯で角砂糖34個分の糖質。

天丼一杯で角砂糖40個分の糖質です。


定食はバランスが最悪です

定食に含まれる糖質を燃やす

ビタミンとミネラルが

入ってないからです。


定食はヘルシー何かではありません。


現代は日本人のヘルシーが

少しずつずれ始めています



日本人のヘルシーは脂っこくなくて、

あっさりしてる方が

ヘルシーだと思っている方が多いです。


それは誤解で、

ヘルシーとは健康的と考えるなら、

お茶漬けより、

ステーキの方がヘルシーです。



そこをまず理解しないと、

これからの健康を


維持できなくなってきます。


では普段どのような
食生活をしたら良いのか?

日本は今まで満面なく食べなさい精神で、

おかず食べて、ご飯、

おかず食べて、ご飯の


三角食べが主流でした。

ですが身体の事を考えるなら

現代はもう会席食べが良いです。


一皿食べたら次の皿へ、

一皿食べたら次の皿へ


順番も決まっています。

①サラダ山盛り(ポテトサラダは糖質です)

サラダを全部食べ終わったら次に

②たんぱく質(お肉や魚やおかず)

お肉や魚をやおかずを

全部食べ終わったら次に

③茶碗の3分の1ぐらいの玄米


これで本来は十分です。

もしたら足らなかったら、

②のおかずを増やしてください。


外食でサラダが少ない場合は

食物繊維のパウダーやサプリを

飲んで下さい。



食物繊維が糖質の吸収を抑え、

血糖値を緩やかに上げ、

緩やかに下げます。


糖質を制限できる方は糖質を制限して、

ケトジェニックの生活に

切り替えて下さい



ケトジェニックとは?


糖質を制限できない方は

プチ糖質制限をして下さい


朝、昼は糖質を摂っても良いので、

夜ご飯は糖質を摂らないで下さい。

夜ご飯は

豆腐サラダなどがオススメです。


私達の質の良い
エンジンオイルは植物


ビタミンとミネラルはどうするか?

私達の身体は

毎日活性酸素が体内で

発生しているので、

中和する為に、

ビタミンとミネラルを使っています

糖質を摂っている方は

糖質を燃焼するのに

ビタミンとミネラルを使っています

ストレスを中和するのにも

ホルモンだけではなく、

ビタミンとミネラルも使っています

上記に記載した3項目だけでも

体内にあるほとんどの

ビタミンとミネラルが

使われてしまっています。


しかし

今現代はそれに対抗できるほどの

栄養素が野菜には入っていません



何故かと言うと、

今現代の野菜は

私達が普段手にする

市場に出るまでの製造工程の段階で

栄養素がほとんど

取り除かれてしまっているからです。


日頃から良く買う人を見かけますが、

コンビニエンスストアで並んでいる

パックサラダやカット野菜は

企業の営業面からの目的で 

変質、変敗、腐敗しないように

次亜塩素酸ナトリウム

(消毒液やプールの消毒に
日頃使用している薬品です)

という薬品で、


何度も何度も繰り返し殺菌し、

今度はその匂いを消すために

何度も何度も水で洗浄しています。


野菜に含まれている栄養素は

水溶性の栄養素が多い為、

製造工程が完了した時には

ほとんど栄養素が残っていません。



食品の保存性を高める為に
使用されている
酸化防止剤や防虫剤。

食品の風味や外見を良くする為に
使用されている
発色剤や調味料香料。

作業効率を高める為に
使用されている
疑個剤や消泡剤。

食品の品質を向上させる為に
使用されている
増粘剤や乳化剤。


これらは全て企業側の都合や

利益確保の為に

食品に使用されている添加物です。


市場に出回っている食品の

9割は食品添加物が含有されています。


食品添加物を過剰に摂取してしまうと

活性酸素が大量に発生し、

老化も早め、

発がん物質の卵も体内に出来てしまいます



詳しくはこちらから


だからこそ今現代は

オーガニックやサプリなどの


栄養補給食品が

必要不可欠なんです。



重要なのは

栄養補給食品を

“摂る”、“摂らない”ではなく、

どのような栄養補給食品を摂るか?

重要な時代です。



この記事から

何か学びがあった

あるいは応援したい

と言う温かい気持ちを頂けたなら、

友達追加ボタンを押して

友達登録をして頂けたら

発信者としては光栄な限りです。



今後も、価値ある情報をお届けできるよう

精進しますので、

何卒、宜しくお願い致します。


このプラットフォームについて

WHO(世界保健機関)の調査で

日本の平均寿命と健康寿命の差が

男女共に約10年もある事が分かりました。

つまり、

ほとんどの方達が亡くなられる前の10年間は

“病気を抱えながら過ごしている”という事です。



このプラットフォームは

科学的根拠に基づいた健康寿命を延ばす方法を

読者様に100%理解して頂けるように、

物理的、理論的に

事細かく全て分かりやすく説明しています



低質なプラットフォーム” は、

低質な思考” を生みやすくし、

良質なプラットフォーム” は、

良質な思考 を生みやすくします。


読者様に

理想的の健康寿命”を手に入れて頂くのが目的の為、

第一級のプラットフォームを目指していますので、

毎月3日の月1回更新です。

その分一つ一つのコンテンツをお楽しみ下さい



学べば学ぶほど、人体は神秘的だと気付きます。

更に‟第一級の知性”を求めている読者様限定

常に最新の情報をブラッシュアップする。
>新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

現代世界は既に「病気産業」「老化産業」「情報産業」で飽和しています。その為、私達が年齢を重ねていく中、環境変化のスピードは圧倒的に早く、時代は確実に進歩し、より一層私達の身体や細胞レベルは酸化しやすくなっています。大衆心理に影響されるのではなく、これからは個人の知識や意識、情報の差で、内面や外見の美しさ、健康面が左右される時代となるのは、今から既に目に見えています。 マーケティング市場が飽和している中、まさに『メディアや市販で宣伝されているどの製品を使用すれば良いのか?』だけでは足りなく、『自分から情報を掴み、自分の知識で本質を見極め、身体のメカニズムを理解し、どの製品を使用すれば内面や外見の美しさ、健康面を効率良く確実に保てるのか?』という情報力・思考力・判断力の3つのリテラシーが重要な時代になってきます。 このプラットフォームを一つのソースとして、科学的根拠に基づいて私達の身体には物理的、理論的に何が「善」で、何が「悪」なのか?そのマインドを更に高めて、マインドセットとしてご活用下さい。百寿まで楽しく美しく健康なライフ生活を送るトータルコーディネートを一緒にしていきましょう。