健全な身体に、健全な魂は宿る。   お楽しみ下さい。

第二のプラットフォーム

「健康×資産×時間」全てが揃って“真諦の幸せ”です。
富が増える資産型プラットフォームへ


まず始めに

ここでは主にお薬について深掘りします。

市販薬は日常的に手軽に購入する事ができ、病院でも幅広く処方される事もあり、私たちにとって最も馴染みがあるお薬といえます。
しかし、手軽に手に入るからこそ、現代人は何の疑問も抱かずにお薬を飲んでしまってる方が多い気がします。

そうだね。
お薬を飲む行為はアルコール依存症や薬物依存症の時と同じで、結果的に精神に作用する化学物質の摂取を知らず知らずに追い求めている可能性があるかもしれないから、常にリスクがある事をわすれてはいけないね

はい、では具体的に説明します。

生活の不合理の所を見直す為のきっかけが病気であり、病気は身体の排毒である


こちらの記事では…

✔市販のお薬の実態

✔身体への毒の定義

✔私達の身体にお薬がいらない理由

✔病気の本当の正体


上記の疑問と悩みを解決しています。

※この記事は2分40秒で読めます。

当たり前のように市販の薬を飲んでいた頃の私

・頭痛や鼻炎、風邪を治してくれる心強いサポーターだと思っていた。
・熱を下げて楽にしてくれる心強いアシスタントをしてくれていると思っていた。

薬はお金儲けの道具だった
もう私の身体には薬が必要なくなった

Twitterで見るとお薬を飲まない人も多いんだね。


NSAID

非ステロイド系消炎鎮痛解熱剤とは…?

免疫抑制剤です。

分かりやすく言うと、市販で売っているお薬の事です。


毒の定義とは?

微量(ミリ単位)で代謝を変化させる物です

分かりやすく言うと、お薬です。

毒処理は代謝です

代謝は基礎体温を作っています。


合わせて読みたい記事


本来お薬は代謝を変化させるので、手術前などのポイントで使用しなければいけません。

しかし、現在はそれが毎日のように投与され続けているので、ありえないんです。


痛み、腫れ、お熱などの全ての症状は私達の免疫機能が働いて身体から出してくれています。


POINT

お薬はそれを無理やり抑制して(止めて)しまうという事です。


私達は本来、日常的にお薬なんて必要ありません

私達は最初から毒を処理をする機能がプログラムされているからです

それが、五大処理器管の連携術です。


余った毒処理の流れる臓器の順番五大処理器管の連携術

①腸管 

消化、排便で毒処理をします。

毒を取り込みすぎると、消化、排便で毒処理ができなくなります




②肝臓

代謝で毒処理をします。

NSAIDを取れ入れてる人や腹式呼吸(腹式呼吸は大角膜が上下して風圧がかかり内臓や肝臓をマッサージできる唯一の手段です。)以外の人は毒の処理残りができてしまいます

腹式呼吸は肝臓の中の血液が出入りして肝機能が非常に良くなります。

五代処理器官で毒を一番分解、処理、代謝させているのが、肝臓です。

代謝を一番良くして、エネルギーを入れて、負担をかけず、良く機能させるようにして下さい。

肝臓の機能、代謝が好調だと基礎体温が上がります(36.5℃~37.0℃)




③皮膚

毒は脂溶性なので油で溶けます。

毛穴から毒処理をします。(皮脂腺に溶けて汗と一緒に出る)

重金属は毛穴からしか排毒されません

非常に大事です

重金属について


手足を露出したり、乾かしてたりすると、気化熱が奪われてしまい、生命力が下がり、毛穴が縮みます

毛穴が縮むと、排毒も減ってしまうので、

出来るだけ気化熱を奪われないように、手足を露出しないようにしましょう

皮膚は一番量の多い排毒気管です。(毛穴は沢山あるからです)

合わせて読みたい記事




④腎臓

体表に近い為冷えやすいので、一番不全になりやすいです。

血液は全身を何度も循環しているので、手足などを冷やしてると、その場の血液も冷え、ろ過などもするので必ず腎臓で冷えしまい、肝臓が傷みやすくなります

扁桃体と腎臓は同じ物質から派生した臓器です。

波動や細胞が同じなので、口呼吸すると腎臓も痛みます。

扁桃腺辺りに口から入ってきた物質を…

良い物質なのか?

悪い物質なのか?

決めて、複合すると複合体が入り、腎臓の子宮体を損傷します




⑤肺

せき、タンで毒処理をします。

せきは止めたら絶対に駄目です。

マスクを着用する事

呼気は(熱がある時に、はぁはぁとする時)肺に毒が溜まるとPHが変わり、体内の二酸化炭素を一定に保つ為に呼気をしています。

毒=酸性=粘液が溜まる。

固まったのが肺気腫です

結論

生活の不合理の所を見直す為のきっかけ、そのサインが病気です。

病気は排毒です。

排毒(出すもの)は身体の免疫機能が働いている証拠ので、抑制し(止め)たら絶対にいけません

鼻水は?
・体内の中のバクテリアを洗い流そうとして出ています。

熱は?
・病原菌やバクテリアを何とかしようとリンパが働いています。
・熱が出る(40℃で一番リンパが動きます)

花粉症は?
・体内に異物が入り、身体を守る為、免疫細胞が働いて起きています。


免疫抑制は新陳代謝を止めるという事

新陳代謝を止めるという事は死んだ細胞(腐敗物)が体内で増え続けてしまうという事

POINT

ガンなどの病気に繋がります。

新陳代謝の本質について



抗生物質は絶対ダメです。

有用細菌を殺し腸内フローラの環境も悪くなります

服用しないで下さい

お薬や病院に依存しない為にも、日常から注意が必要です。

絶対にお薬や病院には依存しないで下さい


これがお薬の実態です。

もちろんお薬を多く服用した場合、効果より副作用のリスクが上回り、 お薬によっては消化器症状、 薬物乱用頭痛 、 肝機能障害、喘息発作、再生不良性貧血などの重大な副作用症状が起こるので気を付けて下さい。


学べば学ぶほど、人体は神秘的だと気付きます。

更に‟第一級の健康と美”を求める読者さま限定


閲読して頂いた読者さまへ

この記事から

何か学びがあった

または応援したい

あるいは一緒に健康寿命を延ばしたい

と言う温かい気持ちを頂けたなら、

友達追加ボタンを押して

友達登録をして頂けたら

発信者としては光栄な限りです。


今後も、価値ある情報をお届けできるよう

精進しますので、

何卒、宜しくお願い致します。

常に最新の情報をブラッシュアップする。
>新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

現代世界は既に「病気産業」「老化産業」「情報産業」で飽和しています。その為、私達が年齢を重ねていく中、環境変化のスピードは圧倒的に早く、時代は確実に進歩し、より一層私達の身体や細胞レベルは酸化しやすくなっています。大衆心理に影響されるのではなく、これからは個人の知識や意識、情報の差で、内面や外見の美しさ、健康面が左右される時代となるのは、今から既に目に見えています。 マーケティング市場が飽和している中、まさに『メディアや市販で宣伝されているどの製品を使用すれば良いのか?』だけでは足りなく、『自分から情報を掴み、自分の知識で本質を見極め、身体のメカニズムを理解し、どの製品を使用すれば内面や外見の美しさ、健康面を効率良く確実に保てるのか?』という情報力・思考力・判断力の3つのリテラシーが重要な時代になってきます。 このプラットフォームを一つのソースとして、科学的根拠に基づいて私達の身体には物理的、理論的に何が「善」で、何が「悪」なのか?そのマインドを更に高めて、マインドセットとしてご活用下さい。百寿まで楽しく美しく健康なライフ生活を送るトータルコーディネートを一緒にしていきましょう。