毎月3日21時に更新しています! お楽しみ下さい。

沢尻エリカが使用した覚せい剤(MDMA)も抗うつ剤も結局同じ

まず始めに

ここでは主に覚せい剤について深掘りします。

「やめたいのにやめられない」依存症は心の病気です。 依存症には、アルコール、タバコ、糖分摂取、抗うつ剤などさまざまな種類があります。覚せい剤もまたその一つです。

そうだね。
依存症は①物質依存 ②行為・プロセスの依存 ③人・関係の依存の3つカテゴリーに分ける事ができるけど、どの依存症も身体の中で起こっているメカニズムは変わらないんだ。

はい、アルコール、タバコ、糖分摂取、抗うつ剤、覚せい剤に依存してい人は蓋を開ければ結局同じという事です。

“覚せい剤は日本の法律で許されていないが、抗うつ剤は日本の法律で許されている”


こちらの記事では…

✔MDMA&覚せい剤の作用

✔抗うつ剤の種類&作用

✔抗うつ剤と覚せい剤のたった一つの違い


上記の疑問を解決しています。

※この記事は2分55秒で読めます。

 

MDMAの作用

実はMDMAの作用に関しては

未だ完全には解明されていません。


一般的に知られているのは、

MDMAは

脳の神経伝達物質セロトニン の

再取り込みを損害する機能がある

と言われていますが、

実際には単にセロトニンの再取り込みを

阻害するだけではなく、

セロトニンの放出を継続させ

セロトニンの放出量を

過剰に増やす作用もある事が判明されています


再取り込みについて
脳の神経伝達物質について



MDMAはセロトニンだけでなく、

ノルアドレナリンや

ドーパミンの放出も継続させ、

放出量を過剰に増やす作用もあります


更にMDMAは、

セロトニンによる神経伝達機能に

刺激が与えられる事によって、

間接的にオキシトシンという

ホルモンの分泌を活性化させます。


このオキシトシンは普段、

抱擁(ほうよう)やオーガズム、

分娩のような性行動の際に分泌され


筋肉(特に平滑筋)の収縮を

促すことが知られています。


また精神面では

人同士の結びつきや

信頼関係の構築を促進すると言われています


MDMAが人体に与える現象

MDMAの作用が分かりましたので、

MDMAを服用すると

人体にどのような現象が起きるのかまとめると、

①セロトニン・ノルアドレナリン・ドパミンの
 過剰作用に起因する肉体・精神の変容

②オキシトシンの分泌促進に起因する
 平滑筋・精神面の変容

が考えられます。


一般的に言われている覚せい剤は

ドーパミンやノルアドレナリンの

過剰放出を引き起こし、

・異常な興奮

・万能感に支配される

・全身感覚が過度に鋭敏になる

といった状態になり、


覚せい剤の効果が切れると、

・異常な疲労感

・強い抑うつ感

・他者に誹謗され、攻撃される等の妄想

といった症状が出てきます。


この症状から逃れたい一心で

人は覚せい剤の虜になってしまい依存します



SEX DRUGと呼ばれる理由

セロトニンの過剰放出の場合は、

オキシトシンの分泌促進もあるので、

・多幸感

・興奮

・性的結合への大きな充足感

・異常発汗

・緊張

などが引き起こされます。


MDMAは

このうような状態が引き起こされる

セロトニン、オキシトシン 、

ドーパミン、ノルアドレナリンが


過剰放出されますので、

肉体的にも精神的にも強い刺激を得る事から、

俗にSEX DRUGなどと呼ばれているのでしょう


では次に

抗うつ剤は

人体にどのような現象を起こしているのでしょうか?



抗うつ剤の種類

抗うつ剤も覚せい剤と同じで、

色々な種類がありますが、

主に現代の代表的な種類は

①SSRI
(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)

②SNRI
(セロトニン・ノルアドレナリン
 再取り込み阻害薬)

③NaSSA
(ノルアドレナリン作動性、
 特異的セロトニン作動性抗うつ薬)

に分かれています。


もう既に見れば分かると思いますが、

①は

セロトニンだけを

増やすように開発された抗うつ剤で、


②は

セロトニンだけに働きかける①とは異なり、

ノルアドレナリンも

増やすように開発された抗うつ剤で、



③は

①と②に比べると、

もっとも効果が強いと言われていて、

セロトニンとノルアドレナリンの分泌を

更に増やすように開発された抗うつ剤です。



精神科医たちの決まった返答

精神科医に

覚せい剤と抗うつ剤は何が違うんですか?

と聞くと、

伝達物質を放出させる量が異なります。

このようにそれらしい返答が必ず返ってきます。


私の経験上、

抗うつ剤の効果が切れると、

覚せい剤の効果が切れるのと一緒で、

・異常な疲労感

・強い抑うつ感

・他者に誹謗され、攻撃される等の妄想

といった症状が出てきます。


また抗うつ剤にも

依存性がありますので、

薬を服用している方は

もちろん薬に依存してしまいます

その為、毎日薬を飲みます

私が総合失調症で
自殺まで追い込まれた日々

抗うつ剤と覚せい剤は同じ

この事から放出量が違くても、

私達の身体は覚せい剤も抗うつ剤も服用すると

結局症状は同じ事が起きてしまいます。



医者に勧められたからと言って、

無暗に抗うつ剤を服用するのは

大変危険です


一つの疑問

覚せい剤と抗うつ剤は何が違うのかと言うならば、

覚せい剤は

日本の法律では許されてはいません。


抗うつ剤は

日本の法律では許されています。


それは何故か…?

その答え


これが覚せい剤の実態です。

覚せい剤も含め、依存症という病気の特徴は、「本人が困るよりも先に家族などの周囲の人間が困る」という点もありますので十分に気を付けて下さい。


学べば学ぶほど、人体は神秘的だと気付きます。

更に‟第一級の健康と美”を求める読者さま限定


閲読して頂いた読者さまへ

この記事から

何か学びがあった

または応援したい

あるいは一緒に健康寿命を延ばしたい

と言う温かい気持ちを頂けたなら、

友達追加ボタンを押して

友達登録をして頂けたら

発信者としては光栄な限りです。


今後も、価値ある情報をお届けできるよう

精進しますので、

何卒、宜しくお願い致します。

常に最新の情報をブラッシュアップする。
>新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

現代世界は既に「病気産業」「老化産業」「情報産業」で飽和しています。その為、私達が年齢を重ねていく中、環境変化のスピードは圧倒的に早く、時代は確実に進歩し、より一層私達の身体や細胞レベルは酸化しやすくなっています。大衆心理に影響されるのではなく、これからは個人の知識や意識、情報の差で、内面や外見の美しさ、健康面が左右される時代となるのは、今から既に目に見えています。 マーケティング市場が飽和している中、まさに『メディアや市販で宣伝されているどの製品を使用すれば良いのか?』だけでは足りなく、『自分から情報を掴み、自分の知識で本質を見極め、身体のメカニズムを理解し、どの製品を使用すれば内面や外見の美しさ、健康面を効率良く確実に保てるのか?』という情報力・思考力・判断力の3つのリテラシーが重要な時代になってきます。 このプラットフォームを一つのソースとして、科学的根拠に基づいて私達の身体には物理的、理論的に何が「善」で、何が「悪」なのか?そのマインドを更に高めて、マインドセットとしてご活用下さい。百寿まで楽しく美しく健康なライフ生活を送るトータルコーディネートを一緒にしていきましょう。