毎週月曜日に更新しています! お楽しみ下さい。

初めまして

現代医療は

国家公認の病気産業です。

60年前から世界中で、

医者がストライキすると、

担当地域の死亡率が

平均40%下がるのはご存知ですか?


つまり

医療行為は

人類最大の死亡原因です。


病気を治し得るのは

自然治癒力(ナチュラルハイジーン)のみです。


それをただサポートしてあげる事だけが

完治への道です。

私達は受精卵一個で、

60兆個(現在は37兆個)の細胞を作り上げる

身体知性(マインドシステム)

を最初から持っています。

“私達の体には何もいらない

私達は最初から

全て持っているから”

それが私のプロセスです



初めまして。

このプラットフォームを運営している

食生活アドバイザー

早川達矢と申します。

ご訪問ありがとうございます。


まず始めに、

私が

何故このプラットフォームを

立ち上げたのか


お話させて下さい。


少し長くなってしまうと思いますが、

飽きずに聞いて頂けたら幸いです。


私の妻は
(このプラットフォームの中では
 “妻”と表現させて頂いています)

統合失調症という症状をもつ、


精神疾患の一人でした。


妻は抗うつ剤を

(まぁ簡単に言うと、処方する為に医者の個々の人格でそれは病気だと一方的に診断し、出来るだけ数多くの病名を付け、製薬会社と精神科医療がお金儲けの為に作り出した、脳の神経伝達物質を意図的にコントロールする法律で許された覚せい剤みたいな物です

14歳の頃から飲み続け

28歳の時に

精神が崩壊して壊れました。


分かる人には分かると思いますが、

抗うつ剤で精神が崩壊した人の

行動や言動はとにかく凄い。


刃物振り回すのは当たり前、

物を投げてくるのは当たり前、

壁に血が出るまで

自分の頭を叩きつけるのは当たり前、

肉がちぎれるぐらいまで

噛み付いてくるのは当たり前、

毎晩悲鳴を上げるのは当たり前、

警察に迎えに行くのは当たり前

…まぁ書くと切りが無いので、

このぐらいにしときましょう。

このような日常が半年間続きました。


仕事もあり、

家事もあり、

妻の事もあったので、

私の心と体も徐々に壊れてきました。

この環境や肉体から

自分を解放させる為に

1人で栃木県の

自殺の有名スポット

六方沢橋(高さ約130メートル)に

自殺しに行きました。


深夜に出発し、

現地に着いたのは朝方の3時頃でした。


自殺の有名スポットなので、

橋の柵が非常に高く改良されていて、

柱自体も厳重に固定されていました


そのままでは

柵を超える事ができなかったので、

私は車のボンネットに上がり、

そのまま車の屋根に上りました。


上半身は柵を超える高さになったので、

そのまま橋の下を見た時、

私は恐怖を感じました。


単純に言うと、

“ビビった”という事です


真っ暗で底が見えない奈落の底。


恐らく、

本当に自殺を決行してる人達は

この恐怖こそが喜びや幸福に感じ、

自殺を決行できてるんだと思いました


私はここまで来て、

この状況で

恐怖しか感じる事ができなかったんです


逆に言うと、

恐怖しか感じなかったという事は

私の中で、

“まだ生きたい”と思う気持ちが

あるのだと思いました。



結果的に

私は自殺未遂で終わりました


私は死ぬ事ができませんでした。



それからです。


私は妻の統合失調症を

改善させる事を決断し


精神科医療の真実、

抗うつ剤の性質、

自律神経のバランス、

私達の身体知性の力、

質の良い油の重要性、

指定成分の恐ろしさ、

腸内環境の影響力、

血液は脊髄から 
作られていますが、
栄養は腸管から吸収され、
肝臓へ行き、肝臓から心臓に行き、
心臓から全ての臓器や細胞に
送られている事、


身体は血管(ライフライン)で
形だけではなく、

全てが繋がっている事、

セミナーや医学の本、

私の中で

思いつく限りの方法で勉強し、

あるセミナー会場で

名門大学医学部の卒業経歴を持つ

賢明な女性と出合いました。



私はその人と交流を持つ事ができ、

今までの出来事も全てお話ししました


その人は

親身に話を聞いて下さり、

多種多様のアドバイスをしてくれました


交流してる中で私はその人から

最も効率良く私達(人)の

健康寿命を延ばす方法を学びました。


それから

2年掛かりましたが

妻は精神の崩壊状態から

見事に立ち上がり、

統合失調症は改善され、

抗うつ剤も飲まず、

日常を送れるようになりました。


私の戦いの始まり
妻の統合失調症を改善させた方法



同じ立場や同じ病に苦しむ人に向けて、

ここでは“LOVE”ではなく、

“愛”について

精神論をお話させて下さい。



経験者なので、

上からになってしまいますが、

中途半端な信念では精神疾患の症状を

改善する事は出来ません。

そんな簡単な道のりではありません。

知識や技術を付けても足りません

ヒーラーには

何があっても折れない志と

決してブレない信念の

精神力も必ず必要ですが、


一番大事なのは

“崇高なる愛”です。


愛は大いなる源、

全てを生み出す根源的なエネルギーです。


全ての人間、全てのものに与えられた

“大いなる愛”を忘れてはいけません



全ては“愛”から始まる事を

必ず忘れないで下さい。


このプラットフォームは

自分の力を過大評価しているのは

十分承知ですが


「少しでも
 同じ病に苦しむ人の力になれたら…」


と思い立ち上げました。


その思いが始まりです。


次に

私が学んだ、

最も効率良く

健康寿命を延ばす方法について

お話したいと思います。



>新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、高めよう。

新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、高めよう。

現代世界は既に「病気産業」「老化産業」「情報産業」で飽和しています。その為、私達が年齢を重ねていく中、環境変化のスピードは圧倒的に早く、時代は確実に進歩し、より一層私達の身体や細胞は酸化しやすくなっています。これから更に個人の知識や意識、情報の差で、内面や外見の美しさ、健康面が左右される時代となるのは、今から既に目に見えています。 マーケティング市場が飽和している中、まさに『メディアや市販で宣伝されているどの製品を使用すれば良いのか?』だけでは足りなく、『自分から情報を掴み、自分の知識で本質を見極め、身体のメカニズムを理解し、どの製品を使用すれば内面や外見の美しさ、健康面を効率良く確実に保てるのか?』という情報力・思考力・判断力の3つのリテラシーが重要な時代になってきます。 このプラットフォームを一つのソースとして、私達の身体には物理的、理論的に何が「善」で、何が「悪」なのか?そのマインドを更に高めて、マインドセットとしてご活用下さい。百寿まで楽しく美しく健康なライフ生活を送るトータルコーディネートを一緒にしていきましょう。