毎月3日21時に更新しています! お楽しみ下さい。

何故、私達の身体は疲れるのか?最新医学で発見された知られざる3つの疲労の正体

まず始めに

ここでは主に疲労について深掘りします。

現代人にどのくらい「疲れ」を感じているか聞いた所、何と3人に1人の方が「非常に疲れている」と強い疲れを実感されていて、「やや疲れている」と答えた約半数と合わせると、実に9割の方が何かしらの疲れを感じているようです。

そうだね。
それに現代は効率的で無駄のない暮らしができるようになる一方で、生活のスピードが加速してくると、これまでにない疲れやストレスを感じるようになってるんだ。
だからこそ疲労負債を溜めないようにしっかり知識を付けよう。

はい、具体的に説明します。

“最新医学で発見された疲労の正体は睡眠不足、神経の不具合、身体の歪みである”


こちらの記事では…

✔最新医学で発見された疲労の正体

✔疲労の本質

✔疲労が起きる仕組み

✔疲労を効率的に治す方法


上記の疑問と悩みを解決しています。

※この記事は3分40秒で読めます。

 

今回の有料情報


疲労について

現代社会で生活している私達は

誰もが感じた事がある思います。

疲労感


これは男女関係なく、年齢関係なく、

誰にとっても身近な問題と言えるでしょう。


ところが私達はこれほど身近にありながら、

疲労の正体を具体的に知ってる人はあまり居ません

花粉症やアレルギーは何故起こるのか?


本質や仕組みを知り、

それに合った生活改善をしなければ

花粉症やアレルギーを

根本的に治す事ができず、

いつになっても薬で

抑制しているだけになってしまいます


疲労もこれと同じで、

疲労の本質や仕組みを知らなければ、 

疲労を根本的に治す事ができません。

疲労とはいったい何なのか?

疲労はどうして起きるのか?


疲労”について調べてみました


更に

疲労を効率的に治す方法も同時に紹介し、

有料情報では

最短最速で

疲労を未然に防ぐ身体作りの方法

6つの疲労ゼロ

オーガニックメソッド”を紹介します


お楽しみ下さい。

花粉症やアレルギーを治す方法


疲労=乳酸蓄積は嘘

一般的に知られている疲れの原因は 

乳酸という疲労物質の蓄積です。


筋トレやトレーニングをすると、

筋肉に乳酸が蓄積され、

私達の身体は疲労した状態になります

しかし私達が普段感じている疲労感は

筋トレやトレーニングをした時の疲労感でしょうか?


寝ているのに疲れが取れない…。

身体が何となくだるくて重い…。


恐らくほとんどの方が

筋トレやトレーニングをした時の疲労感ではなく

上記のような疲労感を感じていると思います


そう考えると、

疲労の原因を乳酸だけに

フォーカスを当てるのはナンセンスです。


更に最新の医学理論では

乳酸は筋肉の疲労をやわらげる為に

発生する物質という説もあります



最新医学で発見された疲労の正体【1】睡眠不足

睡眠の役割は

成長ホルモンの分泌や

私達の身体のメンテナンス時間ですから、


睡眠不足は

身体のメンテナンス不足に繋がり、

疲労感が取れていない状態そのものです

更に睡眠不足はアルツハイマーだけではなく、

脳震盪(のうしんとう)を起しやすくなります


これはアメリカのスタンフォード大学の

アイ・トラッキングテストで実証されました。

アイ・トラッキングテストとは

私達の顔にVR(バーチャルリアリティ)の器具を付け、その場でクルクル回ったり、黒い点を目で追い脳の機能を計測し、グラフ化する簡単なテストです。


その実験結果で、

睡眠不足の方のグラフと

脳震盪を起している方のグラフの

パターンが一致したのです


つまり睡眠不足の方は

脳震盪がいつ起きてもおかしくない状態で

普段生活しているという事です



睡眠不足のデメリット

1日5時間の睡眠を1週間続けた男性は

筋肉増強や疲労回復にも影響する

男性ホルモンのテストステロンの分泌率が

10%~15%減少する事が報告されています


テストステロンは男性ホルモンですが、

女性の体内にもあります


更に5時間以下の睡眠では

風邪を引く確率が45.2%増加し、

糖分の代謝が

30%~40%下がり太りやすくもなります


一流のアスリートはロングスリーパー

このように睡眠不足は

・身体のメンテナンス不足になる

・疲労を蓄積させる

・身体にも悪影響を与える

・脳にも傷害をもたらす


そのまま放置していると

脳震盪を起す危険因子になりうるという事です


テニスの絶対王者

ロジャー・フェデラーは

1日12時間睡眠してると言われ、

一流のアスリートの中には

ロングスリーパーの人達が何人も居ます。


疲労を効率的に治す方法

最新医学で発見された疲労の正体【2】神経の不具合

実は疲労に一番影響しているのは

神経の不具合です。

疲労とは

筋肉と神経の使い過ぎや不具合によって身体の機能に障害が発生している状態だと最新の医学理論で言われています。


つまり筋肉だけではなく、

神経のコンディションの悪さが

疲れを引き起こしている一番の原因なんです



2つの神経に分けてご説明します。

①自律神経

私達が意識しなくても呼吸をしたり、

摂取した物を消化する為に胃を動かしたり、

体温を維持する為に汗をかいたりするのは、

自律神経があるからです。

自律神経は末梢神経の1つで…

全内臓(全臓器)、血管、血流、呼吸、毛細血管、分泌腺(ホルモンの分泌)、体温調整(5度ぐらいまで)、代謝などの働きを全て支配し、全てコントロールしている神経の事です。


抹消神経(サードライン)とは

中枢神経以外の神経の事を言います。


POINT

自律神経がアンバランスになると、全内臓(全臓器)、血管、血流、呼吸、毛細血管、分泌腺(ホルモンの分泌)、体温調整、代謝の全てが効率良く機能しなくなります。


自律神経がアンバランスになると、

それによって、

呼吸が乱れたり、

ホルモンバランスが乱れたり、

体温調整がうまくいかなかったり、

睡眠不足を招きます。



上記の事から

自律神経のアンバランスは

おのずと疲労感も伴い

そのまま放置すると慢性疲労にも繋がります


疲労を効率的に治す
自律神経の整え方


②中枢神経

中枢神経(セカンドライン)とは

脳と脊髄のみにある神経の事です。

主に手足などを動かす際の動作の動かしなど、

身体の様々な部位に指令を出す

司令塔のような役割をしている神経です


手足などを動かすのは

骨と筋肉が勝手に動いているのではなく、

脳と脊髄にある中枢神経と、

手足にある末梢神経のチームプレーで動いています。


ところが神経の不具合が生じると、

この中枢神経と抹消神経の連携がうまくいかず、

手足や身体が自分が思っているように動きません



疲労とは脳疲労を指す

筋肉や関節には

プロプリオセプターという組織があり、

今、関節や筋肉がどんな位置で、どんな速度で動いているか?

という情報を中枢神経にフィードバックする

働きを持つセンサーなんですが、

神経の不具合が生じると、

このプロプリオセプターからの

フィードバック機能に反応しずらくなります


この2つのセクションが脳にフィードバックされ、

脳が身体のだるさを感知し、

私達の意識に疲れているという感覚がのぼります。


つまり、疲労とは

自律神経と中枢神経の2つの神経の

コンディションが悪くなっている状態です



自律神経の副交感神経は脳に繋がっていて、

中枢神経はもちろん脳に繋がっています。


神経の司令塔は脳なので、

2つまとめて

疲労の原因は脳にあるという事になります


疲労とは本来、脳疲労の事を指しているんです。


この脳疲労を一番悪化させてしまうのが

身体の歪みです


疲労を効率的に治す
中枢神経を整える呼吸法


最新医学で発見された疲労の正体【3】身体の歪み

身体が歪んでいる人や

ストレートネックの人は

中枢神経からの指令がストレートに

身体の各部位の末梢神経に伝わりません。



身体の歪みをかばう為に、

無理な動作をし、

ちょっとした動きにも

必要以上な負担がかかります


無理な動作を続けると、

更に身体が歪んで姿勢が悪くなり、

中枢神経から

身体の各部位の末梢神経に伝わりにくくなります。



この状態が続くと、

少し動いただけなのに足が上がらない…。

座っているだけなのに腰がだるい…。

という状態を招きます。


その状態でまた無理に動作をすると

身体の各部位に負担が掛かり、

更にまた身体が歪み

まさに歪みの負のスパイラルです


身体が歪む理由は数多くあり、

人それぞれ異なります。

主な歪みの原因

・足を組んでイスに座ることが多い方

・テレビやパソコンの画面を見る時、
 身体をひねっている方

・ストレスを感じることが多い方


生活習慣の積み重ねこそが

歪みの大きな原因となっています


疲労を効率的に治す
身体の歪みの治し方


結論

最新医学で発見された、

【1】睡眠不足

【2】神経の不具合

【3】身体の歪み


この3つが私達の疲労の正体です。


疲労の数値化

現代医学やMRIで調査をしても

疲労を数値化するのは難しいですが

アメリカのスタンフォード大学の

サッカーチームに

特注したGPSをチップを持たせ、

身体の動きを全て測定し、

身体に掛かる全ての負荷を

数値化する実験が行われました。



①片方のグループには

普段のトレーニングを毎日してもらい

②もう片方のグループには

過酷なトレーニングを毎日してもらい


一週間後両チームで試合をし

数値を測定しました


その結果、

①普段のトレーニングをしているチームの方が

6点差を付け圧勝しました。



身体に掛かった負荷の数値を測定したところ、

過酷なトレーニングを毎日したグループの方が

身体に負荷が残っている事が分かりました


つまり、

疲れを感じているグループの方が

圧倒的に試合のパフォーマンスが低かったんです


この実験から

疲労が確実に私達の日常生活にも

悪影響を与えているのはたしかです。



疲労負債を溜めない身体のマインドセット

私達が

疲れた…。

という感覚は

決して錯覚ではなく

実際に身体が発しているサインだという事です


生活の不合理の所を見直す為のきっかけ、

そのサインが病気です。



疲労もまた、同じことが言えるでしょう


疲労負債を溜めない身体のマインドセットも

健康寿命を延ばす重要なコンセプトです



では最後に

最短最速で

疲労を未然に防ぐ身体作りの方法


“6つの疲労ゼロ

オーガニックメソッド”を紹介します。

今回の有料情報


何か分からない事がありましたら

LINEやお問合せフォームから

カジュアルにご連絡下さい




これが疲労の実態です。

食生活では鮭や豚肉に含まれるビタミンB2、くるみなどに含まれるリノレン酸、鶏むね肉に含まれるイミダゾールペプチドなどを摂取すると、『脳疲労』の回復に役立ちます。


学べば学ぶほど、人体は神秘的だと気付きます。

更に‟第一級の健康と美”を求める読者さま限定


閲読して頂いた読者さまへ

この記事から

何か学びがあった

または応援したい

あるいは一緒に健康寿命を延ばしたい

と言う温かい気持ちを頂けたなら、

友達追加ボタンを押して

友達登録をして頂けたら

発信者としては光栄な限りです。


今後も、価値ある情報をお届けできるよう

精進しますので、

何卒、宜しくお願い致します。

常に最新の情報をブラッシュアップする。
>新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

現代世界は既に「病気産業」「老化産業」「情報産業」で飽和しています。その為、私達が年齢を重ねていく中、環境変化のスピードは圧倒的に早く、時代は確実に進歩し、より一層私達の身体や細胞レベルは酸化しやすくなっています。大衆心理に影響されるのではなく、これからは個人の知識や意識、情報の差で、内面や外見の美しさ、健康面が左右される時代となるのは、今から既に目に見えています。 マーケティング市場が飽和している中、まさに『メディアや市販で宣伝されているどの製品を使用すれば良いのか?』だけでは足りなく、『自分から情報を掴み、自分の知識で本質を見極め、身体のメカニズムを理解し、どの製品を使用すれば内面や外見の美しさ、健康面を効率良く確実に保てるのか?』という情報力・思考力・判断力の3つのリテラシーが重要な時代になってきます。 このプラットフォームを一つのソースとして、科学的根拠に基づいて私達の身体には物理的、理論的に何が「善」で、何が「悪」なのか?そのマインドを更に高めて、マインドセットとしてご活用下さい。百寿まで楽しく美しく健康なライフ生活を送るトータルコーディネートを一緒にしていきましょう。