健全な身体に、健全な魂は宿る。   お楽しみ下さい。

第二のプラットフォーム

「健康×資産×時間」全てが揃って“真諦の幸せ”です。
富が増える資産型プラットフォームへ


まず始めに

ここでは主に交感神経の作用について深掘りします。

交感神経が優位なっていると、実際に身体にどのような症状が起こっているのか気になります。

そうだね。
今まで交感神経関係の書籍を何冊も読んできたから、そのノウハウをここでまとめて紹介しよう

はい、分かりました。

交感神経は主に昼間や活動している時に活発になる神経である

こちらの記事では…

✔交感神経の主な作用とは?

上記の疑問を解決しています。

※この記事は20秒で読めます。

自律神経の交感神経

ここでは自律神経の交感神経が優位になると、私達の身体にどのような症状が起こっているのか?

交感神経の作用を紹介したいと思います。

交感神経の主な作用25選

①冬は高くなる。体温を上げる為、血流が増加する。

②朝から昼間が優位。朝は副交感神経から交感神経に切り替わり、交感神経が優位になる時間帯なので、脳が最も活性化されている。

③朝は脳を使う作業の方が効率が良い。勉強や作戦など。

④気圧が高い日に上がる。

⑤血流が早くなる。血管が収縮、血流のスピード力上昇、血圧上昇、心拍増加、浅い呼吸の増加、ブドウ糖増加、胃腸の機能低下。

⑥高すぎると、血管が収縮しすぎて、血流の量が減る。(冷え性、生理不順、頭痛、肩こり、便秘になりやすい)

⑦血管が細くなり、白血球や赤血球が流れる時に、血管内皮細胞を傷つけ、血液が汚れ、血栓化する。(高血圧、高脂血症、糖尿病になりやすい)

⑧酸素を浅く、早く吸うと、供給される酸素量が少なくなってしまうので交感神経が上がる。

⑨交感神経が高く、副交感神経が低いと病気になりやすい。

⑩細菌など比較的大きめな異物を処理する顆粒球が増えるが、リンパ球は減る。

⑪風邪やインフルエンザの感染病が発症しやすくなるが、抵抗力が高くなり免疫力は上がる。

⑫顆粒球が増えすぎて、常在菌を殺し、免疫力を下げる。余った顆粒球が爆死して、活性酸素が発生する。(老化を早める)

⑬精神状態で表すなら緊張と興奮。

⑭運動すると交感神経が高まる。

⑮交感神経が低下すると、エネルギー代謝量が減る。

⑯怒ると交感神経が過剰に緊張し、血管が収縮し、血球破壊が生じるので、怒れば怒るほど、血流がドロドロになっている。

⑰興奮物質のホルモンが分泌されるので、必要な時にホルモンが出なくなる。(フィードバック機能)

⑱自分の行動を客観的に見直す。

⑲怒りは老化も加速させる。

⑳不安とは交感神経だけが高ぶって、副交感神経が一切動いていないという、自律神経のバランスが極めて乱れた状態。

㉑感情が高まると、交感神経が高まる。上がる、頭が真っ白になる、キレる、パニックになる、など全ては交感神経が高まりすぎた状態。

㉒赤、黄、オレンジなどの暖色系の色は交感神経を高める。

㉓青い部屋より、赤い部屋で測った時の脈拍数と体温は高い。

㉔興奮している、緊張している、仕事や運動など活動している時は高まる。

㉕ストレスを受けているなどの時に優位になる。

以上が交感神経の作用です

合わせて読みたい記事

これが交感神経の実態です。

交感神経と副交感神経の理想のバランスは1対1なので、間違えないようにして下さい。

その他の あらゆる(その他)アザーコントロール編はこちらです。


学べば学ぶほど、人体は神秘的だと気付きます。

更に‟第一級の健康と美”を求める読者さま限定


閲読して頂いた読者さまへ

この記事から

何か学びがあった

または応援したい

あるいは一緒に健康寿命を延ばしたい

と言う温かい気持ちを頂けたなら、

友達追加ボタンを押して

友達登録をして頂けたら

発信者としては光栄な限りです。


今後も、価値ある情報をお届けできるよう

精進しますので、

何卒、宜しくお願い致します。

常に最新の情報をブラッシュアップする。
>新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

現代世界は既に「病気産業」「老化産業」「情報産業」で飽和しています。その為、私達が年齢を重ねていく中、環境変化のスピードは圧倒的に早く、時代は確実に進歩し、より一層私達の身体や細胞レベルは酸化しやすくなっています。大衆心理に影響されるのではなく、これからは個人の知識や意識、情報の差で、内面や外見の美しさ、健康面が左右される時代となるのは、今から既に目に見えています。 マーケティング市場が飽和している中、まさに『メディアや市販で宣伝されているどの製品を使用すれば良いのか?』だけでは足りなく、『自分から情報を掴み、自分の知識で本質を見極め、身体のメカニズムを理解し、どの製品を使用すれば内面や外見の美しさ、健康面を効率良く確実に保てるのか?』という情報力・思考力・判断力の3つのリテラシーが重要な時代になってきます。 このプラットフォームを一つのソースとして、科学的根拠に基づいて私達の身体には物理的、理論的に何が「善」で、何が「悪」なのか?そのマインドを更に高めて、マインドセットとしてご活用下さい。百寿まで楽しく美しく健康なライフ生活を送るトータルコーディネートを一緒にしていきましょう。