健全な身体に、健全な魂は宿る。   お楽しみ下さい。

コロナウイルスの裏に隠された真の目的とは?グローバル国家を作り上げるエリート達の陰謀 第2話

前へ

トランプ大統領が示したもの

これらのグローバルリストの大規模な計画が様々な組織や財団が集結して、いわば影の政府を創設してる事を知ったトランプ大統領は、

彼等の出す指示が全て間違ってるのは問題だ。

と言い、WHOへの資金提供を一時留保しました

今は中国の隠ぺい疑惑の件もあり、表向きの理由としては中国がWHOを完全に支配しているとし、WHOの年間予算の15%に当たる450億円以上を拠出していたアメリカですが、遂にトランプ大統領はWHOとの関係を打ち切ると表明しました。

WHOのやり方

この持続可能な発展のゴールにあるユートピアは収入格差のない素晴らしい世界であり、そのユートピアに到達する方法は全ての人にワクチンを打つことであり

誰も置き去りにしない。

というのが 、WHOのIA免疫計画2030の表紙に書かれたタイトルです。

製薬会社の典型的なやり方

製薬会社は重大な問題を推進し、宣伝し、感染症で皆に死んでしまう恐怖を植え付けて、最後に彼等(製薬会社)の解決法を示すのです。

ワクチンを全ての人に打つ事だと。

この背後にある組織がWHO、大手製薬会社、ビル・ゲイツ財団、マーク・ザッカーバーグ財団、クリントン財団で、そのフロントマンがファウチ博士です

私達が直面している現実

それはビタミンDの威力やビタミンAの威力、ビタミンCの威力を誰も語らない事です。

ましては免疫の健康についてや、免疫の健康をパワーアップさせる話はタブーだからです

本当の科学とは、私達は細菌の海の真ん中に住んでいるという事です。

体内には30兆個の細菌が居て、30兆個のウイルスと60兆個のバクテリアが経った6兆個の細胞に対しているのです。

私達は細菌農場です。

それでも私達は死にません

死んでしまう人は、免疫障害のある人、著しく免疫系の弱っている人々です

それは加齢により自然に起こりますが、高齢の方は免疫系を強化する事が出来ます。

それはビタミンDやビタミンA、ビタミンCを投与する事です。

合わせて読みたい記事

理想的な治療方法

①covid-19(コロナウイルス)を持つ人
②免疫抑制(治療)中の人
③集中治療を受けている人
④健康な人

この4つのカテゴリーに分けてビタミンDやビタミンA、ビタミンCを投与する事です。

実際にビタミンDやビタミンA、ビタミンCを投与した結果、コロナウイルスでの死亡数値が劇的に減っているのです

ファウチ博士が推進しているシナリオ

ファウチ博士が推進しているシナリオは6月にノーベル医学賞を受賞し、ファウチ博士がソーシャルディスタンスと検疫をするよう大統領を説得し、最初は何百万人もの人々が死んでいたが、それから何十万人に減り

おかげで患者増加を抑えられ勝利しました。

それからワクチンもできました。

というシナリオです。

しかしこのシナリオには一つ問題がありこれからは夏場に向けてかなり強い日差しが出てきて、ビタミンDが増えます。

ビタミンDはコロナを死滅させる威力があり、現実的に数値や辻褄は合わなくなるので、その事に気付いているファウチ博士は、WHOを利用してデータを操作しているのです

合わせて読みたい記事

情報操作のやり方

通常ならWHOが、診断コードと呼ばれるものを作成して、医師会が手順コードと呼ばれるものを作成します

病院に行き検査を受けると、診断コードがWHOから来ます。

診断コードとは検査コードを表すコードです。

WHOは2つの診断コードの取得を推奨しました。

①コロナウイルスと診断された(検査結果が陽性の)場合の検査コード

②かなり曖昧なコードで、息切れもあるし、咳をしているし、何かコロナの症状にも感じるし見える検査コードです。

このコードを、WHOが意図的に結合するように指示をしました

つまり一例をあげると、私の知人は20年~30年の喫煙者です。

この知人はいつも風邪の季節になると、肺炎になり、病院で気管挿管を受けていました。

今年もまた同じことが起こり知人は入院しました。

するとなんと、何かあればコロナのラベルを付けられ、彼が喫煙者や不健康だという事実は全て無くなるという事になるのです

病院の医師はコロナの症状に見えたり、感じたり、コロナを臭わせる点があれば本来なら、②番目の検査コードを出すのですが既にそれを、①番目のコードするようにとも促されています

患者が死亡した際にも検査結果を待たず、コロナの症状があったと言うようにも指示をされています。

こうする事で、コロナの死者数を意図的に増やし、操作しているという事です

病院側にも利益が出る

これら2つのコードを使って、数値を操作する事によって、病院側にもインセンティブ(見返りや報償金)が出ます。

病院の理事は病院という組織を運営しており、利益を得なければいけません。

それが病院の理事の基準です

病院の理事はGPOやPBMと呼ばれる人達の事であり、GPOはグループ購買組織でPBMはサプライチェーン(製品の原材料・部品の調達から、製造、在庫管理、配送、販売、消費までの全体の一連の流れ)を病院に繋げる仲介人です。

病院はこのような特定のプロトコルや診断を付加する事で、病院はインセンティブが生まれるのです。

つまりコロナと診断する事で、増えれば増えるほど病院理事によるインセンティブがあるという事です

GPOとは?Group Purchasing Organizationの略で、共同購買組織の事。 メンバー病院を取りまとめ、その共同購買力を利用することで、サプライヤー側への価格交渉力や契約交渉力を獲得することを目的として米国で設立された事業団体です。 つまり、GPOは病院が最良の製品を、最善の条件や価格で購入する手助けをしています。


PBMとは?Pharmacy Benefit Managerの略で、医薬品のコストをおさえたい保険会社や雇用者側から契約をとり、代わりに製薬メーカーと価格交渉し、規模の強みを活かして値引きを引き出し、調剤保険適用の管理を行い、薬局とネットワーク契約する、しいて言えば医薬品を安く仕入れ広くさばく中間業者・仲介ビジネスの事。
次へ


学べば学ぶほど、人体は神秘的だと気付きます。

更に‟第一級の健康と美”を求める読者さま限定


閲読して頂いた読者さまへ

この記事から

何か学びがあった

または応援したい

あるいは一緒に健康寿命を延ばしたい

と言う温かい気持ちを頂けたなら、

友達追加ボタンを押して

友達登録をして頂けたら

発信者としては光栄な限りです。


今後も、価値ある情報をお届けできるよう

精進しますので、

何卒、宜しくお願い致します。

常に最新の情報をブラッシュアップする。
>新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

現代世界は既に「病気産業」「老化産業」「情報産業」で飽和しています。その為、私達が年齢を重ねていく中、環境変化のスピードは圧倒的に早く、時代は確実に進歩し、より一層私達の身体や細胞レベルは酸化しやすくなっています。大衆心理に影響されるのではなく、これからは個人の知識や意識、情報の差で、内面や外見の美しさ、健康面が左右される時代となるのは、今から既に目に見えています。 マーケティング市場が飽和している中、まさに『メディアや市販で宣伝されているどの製品を使用すれば良いのか?』だけでは足りなく、『自分から情報を掴み、自分の知識で本質を見極め、身体のメカニズムを理解し、どの製品を使用すれば内面や外見の美しさ、健康面を効率良く確実に保てるのか?』という情報力・思考力・判断力の3つのリテラシーが重要な時代になってきます。 このプラットフォームを一つのソースとして、科学的根拠に基づいて私達の身体には物理的、理論的に何が「善」で、何が「悪」なのか?そのマインドを更に高めて、マインドセットとしてご活用下さい。百寿まで楽しく美しく健康なライフ生活を送るトータルコーディネートを一緒にしていきましょう。