毎月3日更新しています! お楽しみ下さい。

〈2〉精神疾患を改善する為にヒーラー自身のマインドセットと精神疾患のメカニズムを理解する

まず始めに

ヒーラー自身のマインドセットと

精神疾患のメカニズム理解して下さい

※ヒーラーとは?


私達は多重の意識を持つ存在

3次元…一般民衆が居る一番重いこの地上。


4次元…感情質。


5次元…想念レベル。


6次元以上…魂レベル。

私達は日々

この3次元 ~ 5次元の間を

揺れて生きています。


私達は4次元(感情質)に近い為、

非常に感情に流されやすい生き物です。


精神疾患の人は

この3次元 ~ 5次元の間の

揺れ幅や振れ幅が

一般の人よりも大きい人達です。



あなたが考えているよりも

更に上をいくような

急に暴れたり、

大声を出したと思ったら、

急に泣き出したり、

誤ってきたりします。


このような状態を

私達は精神病(精神疾患)ではなく、

覚醒途上障害と呼んでいます。
(かくせいとじょうしょうがい)

※このプラットフォームの中では
 分かりやすいように“精神病”と
 表現させて頂く部分があります。


ヒーラーは全体を見る

ヒーラーは

この覚醒途上障害の状態を見て

その場で何とかしようとしたり、

薬で何とかしようとしたりするのではなく、

全体を見て、

全体として扱う事が重要です。



私達は最初から真の自由はない

1983年にフランス人の

神経心理学者“リーレ”という方が

発表されましたが、

人間は殴ったり、蹴ったり、

何か行動をしようと思った

0.4秒前”には

脳の中の運動野に

もう既に用意されてしまっています。



つまり肉体人間の私達には

真の自由何か最初からありません



私達の行動は 0.4秒前に

顕在意識過程にもう既に

用意されてしまっているからです。


私達には
どのような自由があるのか?

先程お話ししましたが、

私達は多重の意識を持つ存在です


3次元、4次元、5次元、6次元の

どのソースを拾ってくるかの自由。


私達の行動は0.4秒前に

顕在意識過程に

用意されてしまっていますが、

それを今実行するのか、

抑制して待ち、

次に用意されるのを待つ自由。

私達の自由は最初から

この程度の自由しかありません。



GABAが脳を守る

抑制して待つには

GABA系の神経があり

γ‐アミノ酪酸
(ガンマアミノらくさん)

と言いますが、

植物や動物の体の中に広く存在する

天然のアミノ酸で、

通称GABAと呼ばれています。


主に脳や脊髄で

抑制性の神経伝達物質として働き

怒りや興奮を沈め、

リラックスをさせる役割があります。


興奮度が強いとストレスに繋がり

脳に負担を掛け、

他の脳の働きに支障が出てしまいますので、

GABAが働き、興奮を沈め、

他の大切な脳の働きを守っています。


しかし

この働きばかり使ってしまうと、

神経伝達物質をキャッチして

伝達している細胞が引き下がってしまい、

神経伝達物質が

次に伝達しなくなってしまいます。


この状態の事を

ダウンレギュレーションと言います。



ダウンレギュレーションに

なってしまうと、

神経伝達物質がシナプスに

馬鹿盛りしてしまい、

シナプスが壊れてしまいます。


シナプスとは?

神経情報を

出力する側と入力される側の間に発達した

情報伝達のための接触構造部分です。

分かりやすく説明すると、

【― ― ― ― ※ > ― ― ― ― 】

“-” が神経細胞、

“※” がシナプス前細胞、

“>” がシナプス後細胞と呼ばれるものです。

ここでは情報が左から右に伝わっていきますが、

その際のプロセスを大雑把に書くと、


①シナプス前細胞が左からきた
 
電気的刺激を受けます。

②シナプス前細胞から神経伝達物質が放出されます。


③シナプス後細胞の受容体が伝達物質を検出し、
 
物質量に応じた電気的刺激を右に伝えます。

④シナプス前細胞が充分な刺激を伝えたところで、
 
神経伝達物質を回収(再取り込み)します。

⑤シナプス後細胞の受容体が発する
 
電気的刺激が止まります

シナプスの仕組みはこのようになっています。

ダウンレギュレーションになると

③の機能が停止してしまい、

②の機能がずっと動き続けて

馬鹿盛りしてしまい、

シナプスが壊れてしまうんです。


シナプスが壊れてしまうと、

脳の興奮度を沈める事が

出来なくなってしまうので、


ストレスが最大値まで上がります。


覚醒途上障害の構図

ストレスが最大値まで上がると

体は危険信号を発生し、

私達の身体知性の一つ

生体調整というシステムが働き、

脳の興奮度はそのままありますが、

ストレスだけがミニマムに変換されます。


ストレスがミニマムに変換せれるので

自分自身も落ち着き、楽になり、

一見良好だと思いますが、

脳活動レベルはそのままなので、

脳の興奮度と神経伝達物質の

馬鹿盛りはそのままです。



実は神経伝達物質は

ハブと同じくらいの猛毒がありますので、

普段は微量にしか分泌されません。


その神経伝達物質が

馬鹿盛りになってしまっているので

自分自身も全く気付かないうちに

神経伝達物質が脳細胞を壊し続け、

最終的には脳を壊してしまっているのです。

これが

覚醒途上障害に繋がってしまいます




次からは

実際に妻の精神疾患を

改善させた方法を

シフトチェンジポイント① ~ ⑧に分けて

具体的に説明していきます。



閲読して頂いた読者さまへ

この記事から

何か学びがあった

または応援したい

あるいは一緒に健康寿命を延ばしたい

と言う温かい気持ちを頂けたなら、

友達追加ボタンを押して

友達登録をして頂けたら

発信者としては光栄な限りです。


※TCメンバーが120人を超えました。
 ありがとうございます。


今後も、価値ある情報をお届けできるよう

精進しますので、

何卒、宜しくお願い致します。


学べば学ぶほど、人体は神秘的だと気付きます。

更に‟第一級の健康と美”を求める読者さま限定


常に最新の情報をブラッシュアップする。
>新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

現代世界は既に「病気産業」「老化産業」「情報産業」で飽和しています。その為、私達が年齢を重ねていく中、環境変化のスピードは圧倒的に早く、時代は確実に進歩し、より一層私達の身体や細胞レベルは酸化しやすくなっています。大衆心理に影響されるのではなく、これからは個人の知識や意識、情報の差で、内面や外見の美しさ、健康面が左右される時代となるのは、今から既に目に見えています。 マーケティング市場が飽和している中、まさに『メディアや市販で宣伝されているどの製品を使用すれば良いのか?』だけでは足りなく、『自分から情報を掴み、自分の知識で本質を見極め、身体のメカニズムを理解し、どの製品を使用すれば内面や外見の美しさ、健康面を効率良く確実に保てるのか?』という情報力・思考力・判断力の3つのリテラシーが重要な時代になってきます。 このプラットフォームを一つのソースとして、科学的根拠に基づいて私達の身体には物理的、理論的に何が「善」で、何が「悪」なのか?そのマインドを更に高めて、マインドセットとしてご活用下さい。百寿まで楽しく美しく健康なライフ生活を送るトータルコーディネートを一緒にしていきましょう。