毎月3日21時に更新しています! お楽しみ下さい。

まず始めに

私が総合失調症で
自殺まで追い込まれた日々



ここでは私が精神疾患で苦しんだ経験と、

統合失調症を改善させた

全てのノウハウを無料で公開しています。


その為、

私が統合失調症を改善させた
物理的8つのシフトチェンジポイント


このカテゴリー内では

広告表示導入文セリフの流れ

収益記事など一切ありません


どうか、

同じ苦しみをしてる人、

このノウハウを活用して役に立てて下さい


このノウハウの発信こそが

このプラットフォームのバックエンドです。

統合失調症とは?

精神病の一つ。妄想が生ずるとか周囲に関心を持たなくなるとか病気の型はさまざまだが、現実との接触がうまく運ばなくなる。


これがグーグルで検索した時の

統合失調症の説明でした。


まず、統合失調症は

精神病の一つと分類されますが、

統合失調症は病気ではありません


見れば分かると思いますが、

病気ではなく、

症状なので誤解しないで下さい


国際的な疾患分類もなく、

WHO(世界保健機関)にも

登録されておらず


正式な英語表記もありません。

もちろん日本にしか通用しません


家族問題から発症する症状

色んな方の話を聞いてると、

精神的に起こる問題はやはり

家族問題

を抱えている方が多いです。


欲しかった愛情が貰えなかった裏返しや、

色々な面の裏返しで、

精神的に問題が起こるケースが

やはり非常に多いと思いました


私の妻も

そのケースの中の一人でした。


現代人は皆精神障害者である

はっきり言いますが

現代人で

こんなストレスを多く発生させる

社会構図の仕組みや

あらゆる電磁波が飛んでいる

日常生活の中で、

精神障害が出ていない人は絶対に居ません


人格者たちの憎悪

自分で

何か調子が悪いな…。

と思って

病院に行ってしまうと、

病院で検査をしても何も異常が見つからない為

医師も

すぐに心療内科や精神科などを進め、

結果的に不適切に

精神疾患”や“精神障害”と病名を付けられ、

抗うつ剤を処方されてしまうと、

一般的に言われている

精神病として扱われてしまいます


これも

病院側が勝手に病気だと診断し

抗うつ剤を処方し、薬漬けにして、

病院側の利益を確保する為です。


国から貰ったお金がそのまま病院に流れるので、

生活保護を受けている精神疾患の患者が増えると、

一番お金儲けになると聞いた事があります

病院にお金が流れないと
国が困る理由


日本は抗うつ剤を無料で配る恐ろしいキャンペーンを開催

こちらのポスターは見た事はありませんか?


これは自殺対策の一環として

2006年に静岡県で開催された

抗うつ剤を無料で配る

「睡眠キャンペーン」のポスターです。


グラフを見て頂くと

一目瞭然だと思いますが、

結果は全くの“逆効果”以外の

何事でもないと事がお分かり頂けると思います


抗うつ剤を飲んで、楽にさせようという行為も

一見すると善意に見えますが

真の目的は自殺対策にかこつけた、

病院と製薬会社が強調して行なう

抗うつ剤の「販売キャンペーン」

だとすれば、

これは善意の陰謀にほかならず

詐欺と呼ぶ以外の何に当たるのでしょうか…?


合わせて読みたい記事


精神科や心療内科はドル箱と呼ばれている

この3次元(地上)で

普段生活していれば誰だって、

テンションが上がり躁状態になったり、

落ち込んで鬱状態になったりします。


それを病気だと扱い、名前を付け

ごく一部の人間がお金儲をする為に考えた

一つのカテゴリーが“精神病”です


精神科や心療内科は

通称“ドル箱”と呼ばれていて、

病院の中では一番お金が儲かります。


アメリカの精神医学は

年間で300億ドル稼ぎ

回復の例を一つも示していません



精神科と心療内科は違いがあるのか?

名前の始まりは

精神科

から始まり、

抵抗が無いように誰でも入りやすくし、

集客しやすいように、

心療内科

と名前に変更しています。


精神科より、心療内科と聞くと、

少し和らぐ感じがしますよね。



現在は合併している病院も多いです


分野が違うと良く言いますが、

入り口が違うだけで残念ながら

中身はどちらも同じです


精神病とは何なのか?

ではどのような症状が起こると

一般的に精神病というのかと言うと、

・不安

・強迫観念

・うつ病

・極度の怒り

・被害妄想

・幻覚、幻聴

・不眠

・コミュニケーション力不足など


人とコミュニケーションが

上手く取れないなどは誰だってあります。


しかしこれもまた、

病院に行くと抗うつ剤を処方され

精神病”扱いになります


私達は

この構図を何とかしなければいけません



私達は何故上記に記載した

そのような状態や症状になってしまうのか、

メカニズムをしっかり掴んで

日々いかしていかなければいけないのです


事実を知ろう。立ち上がろう。



次は


閲読して頂いた読者さまへ

この記事から

何か学びがあった

または応援したい

あるいは一緒に健康寿命を延ばしたい

と言う温かい気持ちを頂けたなら、

友達追加ボタンを押して

友達登録をして頂けたら

発信者としては光栄な限りです。


今後も、価値ある情報をお届けできるよう

精進しますので、

何卒、宜しくお願い致します。

常に最新の情報をブラッシュアップする。
>新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

新しい知識や情報は光であり、楽しく学ぶことで新しい世界の扉が開きます。綺麗な自分になるのに「終わり」という言葉はありません。さぁ、次なる成長へ。

現代世界は既に「病気産業」「老化産業」「情報産業」で飽和しています。その為、私達が年齢を重ねていく中、環境変化のスピードは圧倒的に早く、時代は確実に進歩し、より一層私達の身体や細胞レベルは酸化しやすくなっています。大衆心理に影響されるのではなく、これからは個人の知識や意識、情報の差で、内面や外見の美しさ、健康面が左右される時代となるのは、今から既に目に見えています。 マーケティング市場が飽和している中、まさに『メディアや市販で宣伝されているどの製品を使用すれば良いのか?』だけでは足りなく、『自分から情報を掴み、自分の知識で本質を見極め、身体のメカニズムを理解し、どの製品を使用すれば内面や外見の美しさ、健康面を効率良く確実に保てるのか?』という情報力・思考力・判断力の3つのリテラシーが重要な時代になってきます。 このプラットフォームを一つのソースとして、科学的根拠に基づいて私達の身体には物理的、理論的に何が「善」で、何が「悪」なのか?そのマインドを更に高めて、マインドセットとしてご活用下さい。百寿まで楽しく美しく健康なライフ生活を送るトータルコーディネートを一緒にしていきましょう。